• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

Canon 手振れ補正段数をAPS-Cボディで向上させる特許:エンジニアの嗜み:So-netブログ

http://egami.blog.so-net.ne.jp/2016-03-07

キヤノンがフルサイズ用レンズ使用時に、手振れ補正の性能をアップするAPS-C機を開発中!?

エンジニアの嗜みさんに、キヤノンの手振れ補正段数をAPS-Cボディで向上させる特許の話が掲載されています。


  • キヤノンの特許申請は、フルサイズ用レンズとAPS-Cボディの組み合わせで防振群の偏芯量を増大させ、手振れ補正段数を向上するというもの。
  • フルサイズ用レンズをAPS-Cで使うと周辺光量等は有利になる。
  • しかし、撮像されない部分が多く、無駄である気もする。
  • 手振れ補正段数が向上するのであれば、APS-C専用レンズを求めずに、フルサイズ用レンズを使うのも良いかもしれない。

とのこと



Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2



APS-C機を使っていても、良いレンズはフルサイズ用が多いので、どうしてもAPS-C機でフルサイズ用レンズを使う機会は多くなりますよねえ。確かに写りはいいんですが、やっぱり勿体無い気がするんですよねえ。でも、この機能が搭載されたら、その勿体無い感が少しは緩和されそうな気がしますねえ。あと、APC-S機は望遠目的で使うこう事も多いので、手ブレ補正が強化されるのはいいですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+