• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. リコーイメージングがデジカメ事業を刷新。PENTAXは「各種カスタマイズの幅を拡げ工房的価値を提供」し、GRは「スペック競争からは一線を画し、徹底的にスナップ撮影への最適化を追い求る」模様。リコーイメージングがデジカメ事業を刷新。PENTAXは「各種カスタマイズの幅を拡げ工房的価値を提供」し、GRは「スペック競争からは一線を画し、徹底的にスナップ撮影への最適化を追い求る」模様。(444views)
  2. ソニーのVlog向けコンデジ「VLOGCAM ZV-1」の廉価版が登場する!?ソニーのVlog向けコンデジ「VLOGCAM ZV-1」の廉価版が登場する!?(263views)
  3. キヤノンが「EOS R5 C」を正式発表。電源ダイヤルでのモード切り替えでCINEMA EOS SYSTEMの動画機能と「EOS R5」の静止画機能を切り替えられる模様。キヤノンが「EOS R5 C」を正式発表。電源ダイヤルでのモード切り替えでCINEMA EOS SYSTEMの動画機能と「EOS R5」の静止画機能を切り替えられる模様。(222views)
  4. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(101views)
  5. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(80views)
  6. キャノンが1月19日に発表する動画向けEOS R5「EOS R5c」の詳細スペックや製品画像がリーク。8K60Pで無制限録画が可能!?キャノンが1月19日に発表する動画向けEOS R5「EOS R5c」の詳細スペックや製品画像がリーク。8K60Pで無制限録画が可能!?(62views)
  7. ニコンの1.4倍テレコンバーター内蔵「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」正式開発。新開発の「メソアモルファスコート」と「シルキースウィフトVCM」を搭載。ニコンの1.4倍テレコンバーター内蔵「NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S」正式開発。新開発の「メソアモルファスコート」と「シルキースウィフトVCM」を搭載。(61views)
  8. 「ライカQ3」らしきカメラの背面画像が登場。「ライカQ3」らしきカメラの背面画像が登場。(58views)
  9. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(47views)
  10. キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。(41views)

コシナ、Xマウント用フォクトレンダー第1弾「NOKTON 35mm F1.2」を8月に発売。税込約8.5万円 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1337749.html

NOKTON 35mm F1.2

デジカメ Watchに、コシナの富士フイルムXマウント用フォクトレンダー「NOKTON 35mm F1.2 X-mount」正式発表のニュースが掲載されています。


  • コシナは7月15日、富士フイルムXマウント用「NOKTON 35mm F1.2」を発表。
  • 8月の発売を予定、希望小売価格は8万5,800円(税込)。
  • 電子接点を搭載しX-Pro3のパララックス補正などに対応
  • 最大径59.6×全長39.8mm・重量196gながら、絞り開放F1.2を実現したMF単焦点レンズ。
  • APS-Cのイメージサークルをカバー。
  • 電子接点を備えており、撮影距離の連動表示などに対応。
  • 電気通信については富士フイルムからの情報開示を受けて開発。
  • ボディ内手ブレ補正機構を有する機種との組み合わせや、OVFとEVFを切り替えて使用できるX-Pro系ボディ(現時点ではX-Pro3のみ対応)で光学ファインダーで使用した際のパララックス補正にも対応。
  • 焦点距離に35mmが選ばれたのは、VMマウントのNOKTON classic 35mm F1.4をXマウントボディに装着して楽しむユーザーが多数存在することがわかったため。
  • 開発にあたっては、マウントアダプターの厚みを含めて35mm F1.4を装着した際のサイズ感で、F1.2の明るさとフォクトレンダーらしさを残しながらもXマウントボディにマッチするデザインを目指した。
  • 「8枚玉」を彷彿とさせる製品としてはMマウント互換「NOKTON Classic 35mm F1.4 VM」がレンズ構成や描写の面で話題を呼んだが、同社担当者によれば本Xマウント用レンズも、これに近い。
  • 電子接点による電気通信に対応しているものの、対応機種が限られている点に注意。
  • 電気通信に対応するボディに装着する場合は、2項目の表示設定を変更することを推奨。
  • [1]絞り値の表示をT値からF値に設定、[2]被写界深度表示をフィルム基準に変更。どちらもボディ側での設定。
  • 電気通信に対応しないボディでもレンズなしレリーズを有効にすることでも使用できる。

NOKTON 35mm F1.2



とのこと



Voigtlander フォクトレンダー カメラレンズ NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM



噂に上がった富士フイルムXマウント用フォクトレンダー「NOKTON 35mm F1.2 X-mount」が、正式発表されましたね。やはりフルサイズ用F1.2の「NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM」や「NOKTON 35mm F1.2 Aspherical SE」と異なりAPS-C用設計のレンズでしたね。しかも、「8枚玉」の「NOKTON classic 35mm F1.4」をベースとしたレンズのようですね。確かに私の周りでもX-Proボディに「NOKTON classic 35mm F1.4」を使ってる人居ますね。電子接点にも付いてるし、これはなかなか良さそうですね。ただ、個人的にはブラック一色ではなく「NOKTON classic 35mm F1.4」のようにシルバーパーツを使った差し色も欲しかったなあ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

FUJIFILM, Voigtlaender」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+