• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. キヤノン「RF70-200mm F2.8 L IS USM」と「EF70-200mm F2.8L IS II USM」の大きさ比較。かなりコンパクトな模様キヤノン「RF70-200mm F2.8 L IS USM」と「EF70-200mm F2.8L IS II USM」の大きさ比較。かなりコンパクトな模様(912views)
  2. キヤノンの今後の新製品の噂&予想【2019年2月】高画素EOS Rや「RF100-400 F3.5-5.6L IS USM」「RF50mm F1.8 IS STM」「RF24mm F1.4L USM」など。キヤノンの今後の新製品の噂&予想【2019年2月】高画素EOS Rや「RF100-400 F3.5-5.6L IS USM」「RF50mm F1.8 IS STM」「RF24mm F1.4L USM」など。(282views)
  3. キヤノンがEOS Rにてボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正をシンクロする「All Optical IS」を開発している模様。キヤノンがEOS Rにてボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正をシンクロする「All Optical IS」を開発している模様。(188views)
  4. オリンパスのPEN-Fが日本の販売店でディスコンになっている!?オリンパスのPEN-Fが日本の販売店でディスコンになっている!?(95views)
  5. キャノン「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II」は今の「EF100-400mm F4.5-5.6L IS」よりかなり小さい!?キャノン「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II」は今の「EF100-400mm F4.5-5.6L IS」よりかなり小さい!?(85views)
  6. キヤノンが「EOS RP」を正式発表。フルサイズミラーレスの小型軽量で手頃な価格のカジュアルモデル。5000台限定のゴールドカラーも発売。キヤノンが「EOS RP」を正式発表。フルサイズミラーレスの小型軽量で手頃な価格のカジュアルモデル。5000台限定のゴールドカラーも発売。(53views)
  7. キヤノンが大三元を含む6本のRFレンズを開発発表。「RF15-35mm F2.8 L IS USM」「RF24-70mm F2.8 L IS USM」「RF70-200mm F2.8 L IS USM」「RF85mm F1.2 L USM」「RF85mm F1.2 L USM DS」「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」キヤノンが大三元を含む6本のRFレンズを開発発表。「RF15-35mm F2.8 L IS USM」「RF24-70mm F2.8 L IS USM」「RF70-200mm F2.8 L IS USM」「RF85mm F1.2 L USM」「RF85mm F1.2 L USM DS」「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」(52views)
  8. キヤノン「PowerShot G7 X Mark III」がFCC認証を通過!?近日中に登場!?キヤノン「PowerShot G7 X Mark III」がFCC認証を通過!?近日中に登場!?(45views)
  9. パナソックのフルサイズミラーレス「LUMIX S1R」「LUMIX S1」は、2機種で月産台数750の模様。パナソックのフルサイズミラーレス「LUMIX S1R」「LUMIX S1」は、2機種で月産台数750の模様。(41views)
  10. シグマ山木社長がキヤノン「EF50mm F1.8 II」の月産数を7万と知って旅に出た模様(笑シグマ山木社長がキヤノン「EF50mm F1.8 II」の月産数を7万と知って旅に出た模様(笑(34views)

Sony says it will take time to see the A7sIII but it will go beyond the customers expectations! – sonyalpharumors

https://www.sonyalpharumors.com/sony-says-it-will-take-time-to-see-the-a7siii-but-it-will-go-beyond-the-customers-expectations/

ソニーα7S III

sonyalpharumorsに、ソニーα7S II後継機「α7S III」の噂が掲載されています。


  • Cinema5Dは、ソニーシニアマネージャーの岩槻豊氏にインタビューを行った。
  • そして、α7S IIIについて、重要な2つの重要な取り組みがある。
  • 1)「おそらく想像以上に時間がかかるかもしれない」と述べた。、
  • 2)ソニーは「顧客の期待を超えて」行きたいので、この長い時間が必要。
  • 3)8Kは2020年までに重要ではないが、長期的には重要だ。
  • 4)中判について考える前に、フルサイズとAPS-Cでまだ多くのやるべきことがある。
  • とても興味深い。またソニーが発表する次のカメラが新しいハイエンドAPS-Cになることをもう一度強調する。
  • 4K60Pに対応したパナソニック S1/S1Rは3月に発売なので、ソニーは急ぐ必要はない。

とのこと



ソニー SONY ミラーレス一眼 α5100 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS付属 ブラック ILCE-5100L-B



ずっと噂の上がっているα7S IIIですが、登場はまだ先なんですかね。ソニーはキヤノンとニコンのフルサイズミラーレスを迎え撃つ準備が整っているという噂もでてましたが、EOS RとZ7は想定の範囲内だったとして、パナのS1という伏兵の登場で計画を見直したりしてるんですかね。まずは、α7000とも噂されるAPS-Cハイエンド機に、期待ですかね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+