• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

35mmフルサイズ一眼レフ「PENTAX K-1 Mark II」が登場 – デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1107645.html

PENTAX K-1 Mark II

デジカメ Watchに、リコーのPENTAX K-1後継機「PENTAX K-1 Mark II」発表のニュースが掲載されています。


  • リコーイメージングは、「PENTAX K-1 Mark II」を4月下旬に発売。
  • 価格オープン。店頭予想価格はボディ単体税込25万円台後半、28-105WRレンズキットが税込31万円程度。
  • 「PENTAX K-1」に、後発の機種で採用されたアクセラレーターユニットを搭載。
  • 高感度ノイズの低減処理性能を高め、最高感度はISO819200を選択可能に。
  • シングルAFの高速化、コンティニュアスAFの動体予測性能向上など。
  • 画像処理パラメーターも見直し「特に”深い青”や”生き生きとした緑”の再現性を高めたPENTAXならではといえる絵づくりを追求」。
  • そのほかの仕様はK-1を踏襲。外観上の識別ポイントは機種名ロゴのみ。
  • 手持ち撮影に対応した超解像技術「リアル・レゾリューション・システムII」
  • 「リアル・レゾリューション・システム」が多機能化。
  • これまで三脚固定必須だった同機能の利用シーンが広がる。
  • リアル・レゾリューション・システムIIに新開発の「手ぶれ補正モード」では、センサーシフト機構で通常撮影のように手ブレ補正を行いながら、手持ち撮影によって生じるカメラの3次元的な動きを”画素ずらし”に利用。
  • うまく合成できなかった場合も、RAWデータから通常画像として展開可能。
  • 連続撮影中に動体と感知した部分を検出する動体補正機能もオンオフ可能。

→35ミリフルサイズデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1 Mark II」を新発売|RICOH IMAGING

→PENTAX K-1 Mark II / デジタルカメラ / 製品 | RICOH IMAGING

とのこと



PENTAX 一眼レフ K-1 Mark II 28-105WR レンズキット 16007



リーク情報どおりに、発表が噂されていた「PENTAX K-1 Mark II」が正式発表されましたね。噂にあった通り、アクセラレーターユニットと手持ち撮影可能なリアルレゾリューションシステムIIが新機能となり他のスペックは基本的にK-1のままのようですね。あと、新型アクセラレーターユニットでこれも話が出ていたISO819200を実現しているようですね。やはり後継機というよりはK-1のマイナーチェンジ版ですね。高感度性能アップもですが、やはり手持ち撮可能と言っているリアルレゾリューションシステムが気になりますよね。現実的にどのくらい使えるのか気になります。早く実機レビューが見たいですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「PENTAX」カテゴリの最新記事

PENTAX, RICOH」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+