• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

ニコンの2000mmデジカメ「COOLPIX P900」、野鳥写真で一変した注目度 日経トレンディネット

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20150331/1063428/

COOLPIX P900

日経トレンディネットにニコン COOLPIX P900にネット口コミの話が掲載。


  • 旧製品となるCOOLPIX P600以前の機種はネットでの注目度がそれほど高くはなかった。
  • COOLPIX P900も発売前の前評判はあまり高くなかった
  • 「スペックはすごいが実用性はどうなのか?」という懐疑的な口コミが多く散見。
  • 「このジャンルも、パナソニックの『LUMIX DMC-FZ1000』のように撮像素子の大型化がトレンドでは。せめて1/2.3型よりも大きくしてほしかった」
  • 「これだけの超望遠撮影に対応できても、手持ちではまず手ぶれが避けられず、被写体をフレームに収めることもできないだろう」
  • 「超望遠域では、たとえ撮れても収差がひどく解像感に欠けた写真になるのでは」
  • といった口コミが見受けられた。
  • しかし、発売後、製品を手にしたユーザーからの口コミやレビューが寄せられると評価が一変。
  • きっかけとなったのが、ある野鳥撮影ファンのブログが口コミ情報で紹介されたこと。
  • いち早く入手したCOOLPIX P900で撮ったヤマガラなどの野鳥の写真を掲載していた。
  • 「ここまでよく写るとは!」「望遠端の画質がすごい」と話題になった。
  • 実は、ニコンも自社のWebサイトでCOOLPIX P900の美しい撮影サンプルを掲載。
  • しかし「メーカーの公式サイトの作例はあまりアテにならない」と考えた人が多かった。
  • 一般ユーザーの精細な写真で「COOLPIX P900の実力は本物だ」と広く認識され、注目度が一気に上昇した。
  • それまであまり興味を持っていなかった人も巻き込んで、予想外の盛り上がりを見せている。
  • 野鳥ファンとともに熱い視線を送っているのが天文ファン。
  • クレーターなど月の表面を鮮明に捕らえた写真が続々と投稿。
  • ファンの盛り上がりが手に取るように分かる。
  • 日を追うごとに高まる人気を反映して、最安価格は新製品発表直後の初値と比べてわずか500円しか下がっていない。
  • 他のメーカーから競合となる2000mmズーム機がお目見えするまで、ネオ一眼タイプの高倍率ズーム機はCOOLPIX P900の独走状態が続きそう。

とのこと



Nikon デジタルカメラ COOLPIX P900 光学83倍 1605万画素 ブラック P900BK



フォトヨドバシやITmediaなどのレビューでも、かなり評価の高い「COOLPIX P900」ですが、ネットのユーザー口コミでも話題になっているようですね。2000mmでここまでの画質が手軽にが楽しめるで、野鳥や天文撮影には人気でますよね。これでRAW現像できたらもっとよかったんですけどねえ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+