• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. 富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。富士フイルムが公式SNSで「X-H2」の登場を示唆した模様。(6586views)
  2. Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」Appleがミラーレスカメラを作るとこうなるかも?「Apple ProCam」(3379views)
  3. キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。キャノンが1月19日に発表する製品は「EOS R5C」で確定の模様。(2344views)
  4. 「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?「ライカM11」は、フォーカスピーキング時に簡単にピントを合わせるための手ブレ補正システムが液晶画面とEVFに搭載される!?(1516views)
  5. キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?キヤノンから1月19日に「EOS R5C」以外で発表されるモノ!?(1478views)
  6. 「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。「ライカM11」の製品画像と価格とスペックのリーク情報。やはり、6000万画素センサー搭載で、RAW撮影は6030万画素、3650万画素、1840万画素で切替可能な模様。(1049views)
  7. キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?キャノンが1月19日にCINEMA EOS関連の大きな発表を予告。「EOS R5c」 を発表する!?(995views)
  8. ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?ソニー「FE 85mm F1.2 GM」をアンバサダーがテスト中!?CP+前に発表される!?(697views)
  9. ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。ライカが「ライカM11」を正式発表。RAWデータを6000万画素/3600万画素/1800万画素から選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」搭載。ブラックカラーはフィルムライカ並みの重量に。(680views)
  10. 2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?2022年のキヤノンは「カメラボディの年」になる!?「EOS R5c」「EOS R1」そして「EOS R」と「EOS RP」に代わる新しいエントリー機2種とRFマウントのAPS-C機が登場する!?(644views)

ソニー、G Masterシリーズの大口径標準レンズ「FE 50mm F1.2 GM」。税込28万円 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1312531.html

FE 50mm F1.2 GM

デジカメ Watchに、ソニーの新レンズ「FE 50mm F1.2 GM」発表のニュースが掲載されています。


  • ソニーは、Eマウントレンズ「FE 50mm F1.2 GM」(SEL50F12GM)を4月23日に発売。
  • 価格オープン。店頭予想価格税込27万9,400円。
  • 取り回しやすい小型軽量設計に、高解像とボケ味、操作性と信頼性などを凝縮。
  • 静止画・動画を問わず幅広い被写体を撮影できるという大口径標準レンズ。
  • 画面全域で高い解像性能を発揮、高い面精度のXAレンズで輪線ボケを抑えた点を特徴。
  • レンズ構成は10群14枚(XAレンズ3枚を含む)。
  • フローティングフォーカス機構はXDリニアモーターで2つのフォーカス群を同期駆動。
  • 絞り羽根11枚(円形絞り)。最短撮影距離0.4m。
  • ナノARコーティングII採用。内面反射によるフレアやゴーストの発生を抑制。
  • レンズ最前面にはメンテナンス性に配慮したフッ素コーティング。
  • 鏡筒には、絞りリング、フォーカスリング、フォーカスホールドボタン(機能カスタムが可能)、フォーカスモードスイッチ、絞りリングクリック切り替えスイッチ。
  • 最大径×全長約87×108mm。重量約778g。フィルター径72mm。
  • レンズフード「ALC-SH163」付属。
  • 「Planar T* FE 50mm F1.4 ZA」と比べると、本レンズの開放F値は半段明るい。
  • しかし、レンズの長さと重量(108mm・約778g)は同じ。フィルター径も72mmで同じ。

FE 50mm F1.2 GM



→優れた表現力を小型軽量で実現 大口径標準単焦点レンズ Gマスター(TM)『FE 50mm F1.2 GM』発売 | プレスリリース | ソニー

→SEL50F12GM | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

とのこと



α:FE 50mm F1.2 GM 機能説明ビデオ【ソニー公式】



SIGMA 35mm F1.2 DG DN | Art A019 | Sony E(FE)マウント | Full-Size/Large-Format ミラーレス専用



リークされていた「FE 50mm F1.2 GM」が、正式発表されましたね。サイズと重さはやはりコンパクトに仕上がっているようですね。F1.4の「Planar T* FE 50mm F1.4 ZA」と同じ長さと重さっていうのはなかなかですよね。そして、価格はキヤノンの「RF50mm F1.2 L USM」より少し安くなるという話でしたが、RF50mm F1.2がネット安値で289,575円で、「FE 50mm F1.2 GM」は店頭予想価格税込279,400円とのことなんで確かに少し安くなりましたね。「FE 50mm F1.2 GM」よさそうですねえ。まずは各所での作例やレビューのアップを待ちたいですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+