• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

ソニー、AFカップリング&絞り駆動レバー搭載のAマウントアダプター「LA-EA5」 - デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1274410.html

デジカメ Watchに、ソニーのEマウント用Aマウントアダプター「LA-EA5」発表のニュースが掲載されています。


  • ソニーは、マウントアダプター「LA-EA5」を11月6日に発売。
  • 希望小売価格は税別2万6,000円。
  • AマウントレンズをEマウントカメラに取り付けて使用するためのマウントアダプター。
  • 最新のEマウントボディのAF機能をAマウントレンズユーザーに提供することが目的。
  • テレコンバーターを除く全てのAマウントレンズに対応する。
  • 外観上では、でっぱりのない円筒形状にAF駆動ユニットと絞り駆動ユニットを収めているのが特徴。
  • AFカップリングを持ち、α7R IVとα6600ではAFモーター非搭載のレンズもAF動作可能。
  • カメラの像面位相差AFを使って、α6600(APS-C機)で最高約11コマ/秒、α7R IV(35mmフルサイズ機)で最高約10コマ/秒の高速連写が可能になる(MF専用の135mm STFはMFのみ)。
  • 連写時もAF/AE追随するが、AEは絞り値を1枚目で固定。シャッタースピードもしくは感度の変更で追随。
  • SSM/SAM搭載レンズでは、既存の「LA-EA3」と同様に、像面位相差AFや、対応ボディにおけるリアルタイム瞳AF(人物/動物)、リアルタイムトラッキングなどの被写体認識AFを使える。
  • 像面位相差AFを使えるのは、α7 II、α7R II、α7 III、α7R III、α7R IV、α7S III、α9、α9 II、α6100、α6300、α6400、α6500、α6600。
  • そのうちAF/AE追随の高速連写に対応するのは、α7R IV、α9、α9 II、α6600。
  • 連写速度はα6600が最高約11コマ/秒、α7R IV、α9、α9 IIが最高約10コマ/秒(レンズや撮影条件で低下する場合あり)。
  • α7R IVは8月6日、α6600は9月以降にそれぞれ公開の最新ファームウェアを適用する必要がある。
  • モーター非搭載レンズ装着時のAFは、上記の最新ファームウェアを適用したα7R IV、α6600のみ対応。
  • 現時点ではα7R IVとα6600を除く機種では、像面位相差AF、コントラストAFともに利用できず、LA-EA3と同じくMF専用になる。
  • LA-EA4を使えばα7R IVとα6600以外でもモーター非搭載レンズのAF動作は可能。
  • しかし、この場合はカメラボディ側の像面位相差AFが使えない。

→LA-EA5 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

とのこと



ソニー マウントアダプター LA-EA4



噂に上がっていたトランスルーセントミラー無しでモーター内蔵の「LA-EA5」が正式発表されましたね。SSMとSAM以外のレンズでAF使用可能になるのは現状ではα7R IVとα6600だけのようですね。他の機種にも期待したいですが、ハードウェア的に難しい感じなんですかね。あとはもうすぐ登場しそうな感じのコンパクト機「α7C」には対応しそうですよね。しかし、これソニーからの「もう新しいAマウントカメラは出さないので、AマウントユーザーはEマウント機に移行してね。」ってメッセージにも感じられるなあ。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+