• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

今気になる最新ツール 第35回 ニコン 「Nikon D750」ProCameraman.jpプロカメラマンのための総合Webマガジン

http://www.procameraman.jp/Review/saishin_35_D750.html

Nikon D750 レビュー

ProCameraman.jpにNikon D750のレビューが掲載されています。


  • D750は、ニコンFXフォーマット(フルサイズ)デジタル一眼レフの中堅にあたるであろう機種。
  • 上級には3,600万画素のD810があり、入門機にはD610(2,400万画素)が存在。
  • D750は使いやすい2,400万画素機で、D810より170g、D610より50g、軽量化を実現。
  • ボディも小型化され、深いグリップのホールド感が心地よい。
  • FXフォーマット機では初のチルト式液晶を備える。
  • Wi-Fiを装備することによって、機動性を発揮するモデル。
  • 本体の見た目は、D610と変わらないように思われる。
  • しかし若干ではあるが薄くなり、グリップも深くなっている。
  • しっかりとしたホールド感が感じられ、かなりよく手になじむ。
  • シャッターフィーリング、AFもテキパキとしているため、快適に撮影することができる。
  • 3,600万画素のD810の画像は素晴らしいが、2,400万画素のD750の画像も美しい。
  • 2,400万画素あたりの画素数が一番バランスがとれているように感じる。
  • D750は軽快にフットワーク良く、楽しく撮影できるカメラ。
  • 今回使用したズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-120mm/f4G ED VR」
  • ナノクリスタルコートでヌケも良く使いやすいレンズ。
  • D750に装着すると、レンズが大きく感じるが、D750と相性が良い。
  • カメラ、レンズのレスポンスが良く、これ1本で広角から望遠まで無理なく撮影が可能。
  • ファインダーはクリアで見やすい。
  • 背面液晶も屋外においても視認しやすく使いやすい。
  • 背面液晶は明るさだけでなく、色も調整できる。
  • 環境光に合わせた設定や自分好みの設定にすることも可能。
  • D750は、ほぼ何もしない設定で問題なく撮影可能。
  • 写真の仕上がりは美しく、さまざまなシチュエーションにおいても、安心して撮れる。
  • 操作性に関しても、他社製カメラに馴染んでいる人も、迷うことなくすんなり使える。
  • チルト液晶の使い勝手も良くローアングルの撮影のしやすさは抜群。
  • 縦位置で使用するには、バリアングルにするしかないが、使用しづらい面もある。
  • 割り切って横位置のみと考えればチルト式が使いやすい。
  • 有料版のCapture NX2は終了したので、RAW現像には無料版のCapture NX-Dでの現像処理。
  • 基本パラメータはNX2とほぼ同じなので、特に迷うことなく使用可能。
  • カラーコントロールポイントは装備されていない。
  • D750は、ほぼ死角がないカメラに仕上がっている。
  • 扱いやすい2,400万画素フルサイズセンサー。
  • 持ちやすい軽量ボディ、軽快で低照度にも強いAFシステム。
  • 6.5コマの連続撮影、Wi-Fi搭載など、現時点でのデジタル一眼としての完成度は高い。
  • 願わくば中央部に寄りすぎなAFフォーカスポイントが、もっと広範囲をカバーしてくれることと、GPS対抗くらい。
  • もうすでにカメラが用意してくれることは十分である。後は写真を撮ることに集中しよう。

とのこと



Nikon デジタル一眼レフカメラ D750



むー、やはりD750は現時点の一眼レフとしては、ほぼ死角のない完成度の高いカメラに仕上がってますねえ。 完全に7D MarkIIに話題を持っていかれてましたが、その素姓の良さが認められてジワジワ人気が上がってきそうな気がするなあ…。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Nikon」カテゴリの最新記事

Nikon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+