• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

画面隅々までシャープでクリアな高画質を実現する「EF16-35mm F4L IS USM」


EF16-35mm F4L IS USM

大口径ガラスモールド両面非球面レンズ(第1レンズ)を含む3枚の非球面レンズの最適配置により、歪曲収差、像面湾曲、非点収差を抑制。
現行機種の超広角ズームレンズ「EF17-40mm F4L USM」と比較して特に画面周辺部の画質を大幅に向上。
風景写真における画面周辺部の木々や建物などを細部までシャープに描写。
絞り解放でも画面周辺まで高画質。風景撮影に最適な一本。
シャッター速度換算で4段分のIS(手ブレ補正機構)を搭載。
暗い環境でも手持ちのまま、機動的な撮影やスローシャッターならではの撮影表現が可能。
希望小売価格 ¥154,000(ケース・フード付き、税別) 


EF16-35mm F4L IS USM



特長
  • 画面の隅々までシャープに描写する、高解像感・高画質を実現。
  • 広角ズームレンズでありながら、シャッター速度換算で4段分の手ブレ補正も搭載
  • 大口径非球面レンズ、UDレンズの採用により、歪曲収差や像面歪曲などを大幅に抑制。
  • 防塵・防滴構造
  • 最前面・最後面にフッ素コーティング


その他の特長
  • インナーフォーカス+リングUSMで高速・高精度AF
  • オートフォーカスのあと撮影者が最終的なピント調整ができるフルタイム マニュアルフォーカス機構
  • 最短撮影距離0.28m、最大撮影倍率0.23倍
  • 美しいボケ形状を実現する9枚羽根の円形絞り


仕様
EF16-35mm F4L IS USM
画角(水平・垂直・対角線) 98°-54°・74°10′-38°・108°10′-63°
レンズ構成 12群16枚
絞り羽根枚数 9枚
最小絞り
最短撮影距離
最大撮影倍率 0.23倍
フィルター径
最大径×長さ φ82.6mm×112.8mm
質量 615g
手ブレ補正 4段分(焦点距離35mm、EOS-1D X使用時)
希望小売価格 154,000円


EF16-35mm F4L IS USM



EF16-35mm F4L IS USM



EF16-35mm F4L IS USM



→ニュースリリース
→EF16-35mm F4L IS USM 商品紹介
→EF16-35mm F4L IS USM 特長紹介
噂通り「EF16-35mm F4L IS USM」が発表されましたね~。
画角は違えどF4通し広角ズーム「EF17-40mm F4L USM」の実質的な後継機ですね。

F4通し標準ズームも「EF24-105mm F4L IS USM」の後継機も画角が変更され「EF24-70mm F4L IS USM」となりましたので、これで綺麗にF2.8通しとF4.0通しの画角が揃いましたね。 個人的にはこういう方がスッキリわかりやすくで好きです(笑

さて、「EF16-35mm F4L IS USM」ですが、画面周辺部の画質向上を強くキャノンが押し出してきているので、そこら辺にはかなり自信があるのかもしれませんね。

価格的に値下がってる「EF16-35mm F2.8L II USM」とどっちを買うか悩むところですが、風景撮影メインの人には「EF16-35mm F4L IS USM」おすすめかもですね(星撮りの場合はF2.8の方がよりいいですが)。風景は絞って撮影すると思いますし、三脚も使うケースもありますので、F2.8じゃなくても十分じゃないかと。もし手持ちで少しでも明るさが欲しいシーンでも、ISがサポートしてくれるので歩留まりよさそうかなと思います。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+