• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

キヤノン:約2億5,000万画素のCMOSセンサーを開発

http://web.canon.jp/pressrelease/2015/p2015sep07j.html

キヤノンが約2億5,000万画素のAPS-HサイズのCMOSセンサーを開発。

キヤノンは、35mmフルサイズ以下において世界最高画素数である約2億5,000万画素(19,580×12,600画素)のAPS-HサイズのCMOSセンサーを開発。


  • 新たに開発したのは、APS-Hサイズで世界最高画素数となる約2億5,000万画素のCMOSセンサー。
  • このセンサーを搭載したカメラを用いて、撮影場所から約18km先を飛行する飛行機の機体文字の識別に成功。
  • 撮影は、光学ズームと電子ズームを組み合わせて行い、撮影した映像の約4万分の1の領域を拡大し識別。
  • 12億5,000万画素/秒の超高速な信号読み出しを実現
  • 毎秒5コマのスピードで超多画素な動画を撮影することが可能
  • 超多画素でありながら高感度・低ノイズを実現。
  • フルHD動画の約125倍の超多画素で動画撮影が可能
  • 任意の領域をトリミングし、大幅に拡大しても、解像感が損なわれない映像を得可能。
  • キヤノンはこの技術の、特殊監視・防犯機器への応用や、超高精細計測機器・産業機器への応用、映像表現分野への応用などを検討していく。

とのこと



Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5Ds R ボディ 5060万画素 EOS5DSR



もう、なんだがよくわからない数値になってきましたが(笑 18km先を飛行する飛行機の機体文字を読み取れるとか凄いですよね。まあ、個人が使用できるようなモノではないでしょうが、ここで進化した技術が我々が手にするカメラにも生かされてくるんでしょうね。そういう意味では楽しみですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+