• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. ニコンのフルサイズミラーレス「Z 8」とD850後継機に6000万画素センサーが搭載される!?ニコンのフルサイズミラーレス「Z 8」とD850後継機に6000万画素センサーが搭載される!?(717views)
  2. 富士フイルム「X-T4」が正式発表。約6.5段のボディ内手ブレ補正を搭載し、メカシャッター約15コマ/秒、大容量の新バッテリー採用。フィルムシミュレーションには「ETERNAブリーチバイパス」を追加。富士フイルム「X-T4」が正式発表。約6.5段のボディ内手ブレ補正を搭載し、メカシャッター約15コマ/秒、大容量の新バッテリー採用。フィルムシミュレーションには「ETERNAブリーチバイパス」を追加。(705views)
  3. ソニーがフルサイズEマウント用レンズ「FE 20mm F1.8 G」を正式発表。ソニーがフルサイズEマウント用レンズ「FE 20mm F1.8 G」を正式発表。(635views)
  4. シグマはCP+で「70-200mm F2.8 DG DN OS HSM | Sports」の発表を予定したが、CP+が中止になったことで、いつ発表されるのか不明に!?シグマはCP+で「70-200mm F2.8 DG DN OS HSM | Sports」の発表を予定したが、CP+が中止になったことで、いつ発表されるのか不明に!?(487views)
  5. キヤノンがEOS RのAPS-C機「EOS R7」を2021年に発表する!?キヤノンがEOS RのAPS-C機「EOS R7」を2021年に発表する!?(257views)
  6. ソニーが5G対応Androidスマホ「Xperia 1 II」を発表。3眼レンズはZEISSでT*コーティングを採用。AF周りなどはαシリーズの技術を活かし、αシリーズの操作性も継承。ソニーが5G対応Androidスマホ「Xperia 1 II」を発表。3眼レンズはZEISSでT*コーティングを採用。AF周りなどはαシリーズの技術を活かし、αシリーズの操作性も継承。(192views)
  7. キヤノンがAPS-Cミラーレス用レンズ「RF100-400mm F5.6-7.1」もしくは「EF-M100-400mm F5.6-7.1」を開発中!?キヤノンがAPS-Cミラーレス用レンズ「RF100-400mm F5.6-7.1」もしくは「EF-M100-400mm F5.6-7.1」を開発中!?(138views)
  8. ソニーが近日中に発表する2つの新製品「FE 20mm F1.8 G」と「新型レンズ固定式カメラ」の噂。また、シグマとタムロンのFEレンズの話も。ソニーが近日中に発表する2つの新製品「FE 20mm F1.8 G」と「新型レンズ固定式カメラ」の噂。また、シグマとタムロンのFEレンズの話も。(120views)
  9. 富士フィルムが2020年中に4本のXマウントレンズを発表する!?富士フィルムが2020年中に4本のXマウントレンズを発表する!?(115views)
  10. ソニーが隠し続けてきた革命的なハイエンドカメラを発表する!?ソニーが隠し続けてきた革命的なハイエンドカメラを発表する!?(94views)

【噂】富士フイルム「X-T3」の詳細 軒下デジカメ情報局

https://www.nokishita-camera.com/2018/09/x-t3_4.html


軒下デジカメ情報局さんに、国内のソースから富士フイルム「X-T3」のスペックのリークがあった模様。


FUJIFILM X-T3

  • 新開発の有効画素数約2610万画素の裏面照射型「X-Trans CMOS 4」センサーを搭載(ローパスフィルターレス)
  • 高速画像処理エンジン「X-Processor 4」
  • 位相差画素数を現行比約4倍に増やしたことで、像面位相差AFエリアを画面全域(約100%)に拡大
  • 位相差AFの低照度限界を従来の-1EVから-3EVへ拡張
  • 4K/60P 4:2:0 10bitのカメラ内SDカード記録に対応。4K/60P 4:2:2 10bitのHDMI出力にも対応
  • 「スポーツファインダーモード」機能を新搭載。1660万画素(1.25倍クロップ)相当のフレーム内を最速30コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写が可能
  • シャッターボタンを半押しした時から撮影を開始し、シャッターボタンを全押しすることで撮影画像が記録される「プリ撮影」機能を新搭載
  • 「フィルムシミュレーション」に「モノクロ調整」機能を新たに追加
  • 「カラークローム・エフェクト」機能を「Xシリーズ」として初搭載
  • USB端子はType-C(USB3.1 Gen1)規格を採用
  • 標準ISO:160~12800 (拡張ISO:80/100/125/25600/51200)
  • 連写:約11コマ/秒(メカシャッター)、約30コマ/秒(電子シャッター、1.25倍クロップ)
  • EVF: 0.5型有機ELファインダー 約369万ドット 0.75倍
  • 背面液晶:3.0型 約104万ドット 3方向チルト式 タッチパネル液晶
  • フィルムシミュレーション:16モード(ETERNA含む)
  • Wi-Fi・Bluetooth4.2搭載
  • バッテリー:NP-W126S
  • 撮影可能枚数:約390枚(ノーマルモード時)
  • サイズ:132.5 × 92.8 × 58.8mm
  • 重さ: 539g(バッテリー・SDメモリーカード含む)、489g(本体のみ)
  • カラー:ブラック・シルバー
  • 予約開始日:2018年9月6日
  • 発売予定日:2018年9月20日
  • 2018年中のファームウェアアップデートにより、ハイブリッドログガンマ方式での動画撮影や「フィルムシミュレーション映像/F-Log同時出力」に対応する予定

とのこと



富士フイルム ミラーレス一眼 X-T2グラファイトシルバーエディション X-T2-GS



商品画像がリークされているX-T3ですが、詳細なスペックもリークされましたね。今まで噂に上がっているスペックとはぼ同じですね。電子シャッターでクロップモードですが30コマ/秒はスゴイですし、AFまわりも強化されてそうなので、高速連写機としてかなり高性能なカメラに仕上がってそうですね。さらに、動画もカメラ内で4K/60P 4:2:0 10bit、外部で4K/60P 4:2:2 10bitに対応という、かなりスゴイスペックになってます。見た目はX-T2のままですが、中身は全くの別モノですね。ボディ内手ブレ補正は付いてないようですが、かなり気合いの入ったカメラに仕上がってそうです。キヤノニコもフルサイズミラーレスを投入し、パナもフルサイズミラーレスの噂が上がってますが、富士も負けてないって感じですね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「FUJIFILM」カテゴリの最新記事

富士フイルム「X-T4」 富士フイルム「X-T4」が正式発表。約6.5段のボディ内手ブレ補正を搭載し、メカシャッター約15コマ/秒、大容量の新バッテリー採用。フィルムシミュレーションには「ETERNAブリーチバイパス」を追加。
富士フイルム Xシリーズ 富士フィルムが2020年中に4本のXマウントレンズを発表する!?
富士フイルムX100Vは新型レンズ開発に約2年かかっており、ボディだけならもっと速く開発は終わっていた模様。 富士フイルムX100Vは新型レンズ開発に約2年かかっており、ボディだけならもっと速く開発は終わっていた模様。
富士フイルム X-T3 富士フイルム「X-T3」用大型アップデート「ファームウェアVer.4.00」が春から夏に登場する!?
富士フイルムX-H2 富士フイルムX-Hシリーズは終了しない!?「X-H2」は発売はされるが、2020年には登場しない!?
富士フイルム「X-T4」 富士フイルム「X-T4」の製品画像リーク。スペックシートも。
X-T4 富士フイルム「X-T4」は電子式手ブレ補正も搭載する!?ボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正との連携が可能に!?
X-T4 富士フイルム「X-T4」のサイズは、134.6x92.8x 63.8mmで、重さは607gになる!?
X-T4 富士フイルムX-T4のボディ内手ブレ補正はいくつかの単焦点レンズで最大6.5段!?PD30W対応USB-C充電器で高速充電が可能に!?
X-T4 富士フイルムX-T4の価格は価格は1700ドル!?
X-T4 富士フイルムX-T4の更なるリーク画像が登場。フィルムシミュレーションにブリーチバイパスが追加され、メカシャッターで高速連写15コマ/秒になる!?
X-T4 富士フイルム「X-T4」のリーク画像が登場。

FUJIFILM」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+