• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

The predicted first half of 2019 Canon product announcement roadmap | Canon Rumors

https://www.canonrumors.com/the-predicted-first-half-of-2019-canon-product-announcement-roadmap/


Canon Rumorsに、キヤノンが2019年に発表する新製品の予想が掲載されています。


CES - ラスベガス、アメリカ 2019年1月8日 - 2019年1月11日

  • 1月のCESでキヤノンPowerShot G7 X Mark II後継機が登場すると考えている。
  • このカメラはデュアルピクセルCMOS AFで4K録画可能と言われている。
  • また、別のGシリーズのPowerShotカメラの登場は詳細が分かっていない。
  • 360度カメラなど、他にもユニークなカメラ製品がある。
  • このショーの前にレンズ交換カメラの発表は期待できない。

CP + - 横浜、日本 / 2019年2月28日-2019年3月3日

  • よりハイエンドのコンシューマ向けおよびセミプロ向けの発表のための大きなショーになる傾向がある。
  • CP+でのEOS 80Dの後継機が登場することを期待している。
  • 4K対応のAPS-C 一眼レフ機となる。
  • それがEOS 90Dと呼ばれるかは分からないが可能性はある。
  • APS-C 一眼レフのラインナップが2019年に少しずつ変わるだろうという噂もある。
  • また、新しいEOS Mシリーズが登場することも期待できる。
  • EF-Mマウント用の新しいレンズはない。
  • このショーのために発表されるEOS Rボディと少なくとも1つのRFレンズの可能性がある。

NAB - 米国ラスベガス / 2019年4月6日-2019年4月11日

  • これは一般的にキヤノンのシネマEOSのショーだ。
  • 一眼レフやミラーレスカメラの登場にはあまり期待できない。
  • ついにXLCスタイルのレンズ交換式バージョンが登場するかもしれないと思う。
  • このカメラにはRFマウント採用と考えられているが、現時点では確認できていない。
  • EOS C300 Mark IIIが2019年後半に予定されているので、他のシネマEOSボディは期待できない。
  • EOS C500の後継機についてはまだ何も情報は無いが、ショーまだからかなり期間があるので変わるかもしれない。

フォトキナ - ケルン、ドイツ / 2019年5月8日 - 2019年5月11日

  • これは、初の春のフォトキナとなる。今年の春から1年ごとのサイクルに移行している。
  • 企業がこの新しいやり方にどのように対応するのか、5月に発表される製品も分かっていない。
  • 私たちはこれが新型EOS RボディとRFレンズの新しい「大三元(RF16-35mm F2.8L、RF24-70mm F2.8L IS、RF70-200mm F2.8L IS)」を発表すると考えている。
  • 前述したように、キヤノンの焦点は、レンズに関して言えばRFマウントになる予定だが、
  • 来年、一眼レフ機が登場する可能性もある。
  • 現時点ではEOS 7D Mark IIIについて信頼できる情報はない。

とのこと



Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 付属 KISSX8I-1855ISSTMLK



最近では、EOS Rの高画素モデルAPS-Cモデル、はたまたEOS M5 MarkIIなどの噂が上がってるキヤノンですが、全て来年以降の発表になる感じですかね。まあ、今年はフルサイズミラーレスという超目玉を出してますしね。まずは、来年初めの、PowerShot G7 X Mark IIIに期待ですかね。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Canon」カテゴリの最新記事

キヤノン「PowerShot G5 X Mark II」 キヤノンが認証機関に登録しているカメラは「PowerShot G5 X Mark II」だった模様。
canon キヤノン キヤノンの2019年の新製品の噂。プロ向け一眼レフが登場する!?
タムロンが最高技術を結集した単焦点「SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)」とポートレートを撮るために生んだズーム「35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (Model A043)」を開発発表。 タムロンが最高技術を結集した単焦点「SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)」とポートレートを撮るために生んだズーム「35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (Model A043)」を開発発表。
タムロン タムロンが一眼レフ用「SP 35mm F/1.4 USD」と「35-150mm F/2.8-4 VC USD」を発表する!?SP 35mm F/1.4は史上最高の35mmを目指したレンズになる!?
RFレンズ キヤノンが2019年中に、さらに2つのRFレンズを発表する!?その内の1本は「RF100-400mm F3.5-5.6L IS USM」になる!?
キヤノンがソニーRX100シリーズのようなポップアップ式EVFを開発中の模様。
canon キヤノン キヤノンの今後の新製品の噂&予想【2019年2月】高画素EOS Rや「RF100-400 F3.5-5.6L IS USM」「RF50mm F1.8 IS STM」「RF24mm F1.4L USM」など。
キヤノン「RF70-200mm F2.8 L IS USM」と「EF70-200mm F2.8L IS II USM」の大きさ比較。かなりコンパクトな模様 キヤノン「RF70-200mm F2.8 L IS USM」と「EF70-200mm F2.8L IS II USM」の大きさ比較。かなりコンパクトな模様
キヤノンがEOS Rにてボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正をシンクロする「All Optical IS」を開発している模様。 キヤノンがEOS Rにてボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正をシンクロする「All Optical IS」を開発している模様。
キヤノンが大三元を含む6本のRFレンズを開発発表。「RF15-35mm F2.8 L IS USM」「RF24-70mm F2.8 L IS USM」「RF70-200mm F2.8 L IS USM」「RF85mm F1.2 L USM」「RF85mm F1.2 L USM DS」「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」
EOS RP キヤノンが「EOS RP」を正式発表。フルサイズミラーレスの小型軽量で手頃な価格のカジュアルモデル。5000台限定のゴールドカラーも発売。
キヤノン「EOS RP」の後付けグリップ「EG-E1」を装着したリーク画像。また、キットレンズは「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」になる模様。 キヤノン「EOS RP」の後付けグリップ「EG-E1」を装着したリーク画像。また、キットレンズは「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」になる模様。

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+