• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

オートフォーカス機能を進化させるキヤノンの新センサー特許 cinema5D

https://www.cinema5d.jp/canons-patent-application-sensor-enhance-autofocus-capabilities/

キヤノンが積層型センサーを開発中!?

cinema5Dに、キヤノンのの積層型センサー特許の話が掲載されています。


  • キヤノンは積層型センサー技術を使用し、カメラのAF性能の向上を目指している。
  • キヤノンの新しいセンサーデザインは、4つの要素から構成されている。
  • ピクセル部、ピクセル部ドライブユニット、画素信号をデジタル信号に変換する変換部と、コントロール部。
  • この設計により、センサー性能が大幅に改善され、データ転送を容易にし、高速化することができる。
  • 重要なのは、AF速度が向上すること。この構造により画質を劣化させることなく、データ転送時間を短縮することにより、カメラのAF機能の速度を向上させることに成功している。
  • 既にC200にかなりのAF機能を搭載している。
  • この積層型センサーは動画モードの機能がまだ十分でない一眼レフ向けなのかもしれない。

とのこと



Canon EF mount LENS BOOK (Motor Magazine Mook) ムック ? 2017/12/26



積層型センサーと言えば、シグマのフォビオンだったり、ソニーのメモリー一体型のセンサーが思い浮かびますが、キヤノンも積層型センサーを検討してるようですね。今回の特許のセンサーはデータ転送の高速化に主眼を置いているようなので、ソニーの積層型センサーに近い感じですかね。そして、キヤノンと言えばデュアルピクセルCMOS AFなので、デュアルピクセルCMOSと組み合わせた積層型センサーになる感じですかね。AF高速化含め、なんだかスゴそうです。実際の製品に搭載されるのを期待したいですねえ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Canon」カテゴリの最新記事

Canon」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+