• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

【フォトキナ】フォクトレンダー、マイクロフォーサーズ用「NOKTON 10.5mm F0.95」を出品 – デジカメ Watch

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140918_667422.html

フォクトレンダー「NOKTON 10.5mm F0.95」、「HELIAR 40mm F2.8」、「ULTRON 35mm F1.7」「SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical VM(TypeIII)」

デジカメ Watchに、フォトキナ2014でフォクトレンダーが参考展示したレンズ群が掲載されています。


NOKTON 10.5mm F0.95

  • マイクロフォーサーズ用F0.95シリーズの4本目となる広角レンズ。
  • 35mm判換算21mm相当の画角。国内発売は未定としていた。
  • 25mm、17.5mm、42.5mmに続くF0.95シリーズのラインナップ。
  • 絞りクリックをなくす機構も備えている。
  • フィルター径は77mm。

HELIAR 40mm F2.8

  • フォトキナに合わせて日本で正式発表されたレンズ。
  • 日本国内では10月発売、税別4万6,000円。
  • マウント部はMマウント互換だが、VM-E Close Focus Adapterをヘリコイドにして撮影。
  • ストレートタイプとドームフードの2種類が付属するマニアックなパッケージング。
  • レンズはニッケル鏡胴で沈胴式。
  • 絞りリングもクリックのないオールドレンズのような構造。
  • 沈胴させてもアダプター内部におさまり、α7シリーズの接点に当たらないよう設計されている。

ULTRON 35mm F1.7

  • 2013年6月に発売したNOKTON 50mm F1.5 Aspherical VMと同様のVintage Lineに属する新製品。
  • スクリューマウントでラインナップしていたものを新規の光学系とした。
  • シルバーのみ真鍮鏡筒。
  • 国内発売は未定。

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical VM(TypeIII)

  • 1999年の登場(当時はスクリューマウント製品)以来続くSWH 15mmの最新モデル。
  • 今回はデジタルカメラでの使用を意識。
  • 周辺部の色被りを解消すべくテレセントリック性を考慮した新規の光学設計。
  • 鏡胴が伸びたことで幅のあるフォーカスリングが備わり、ピントレバーがなくなった。
  • フィルター径は58mm。最短撮影距離は0.5m。
  • 国内発売は未定。

とのこと

HELIAR 40mm F2.8はコンパクトでいいですね。しかし沈胴式って、グッときます(笑 SUPER WIDE-HELIAR 15mmはTypeIII出すんですねえ。α7での周辺色被りが改善されそうですね。次はWIDE WIDE-HELIAR 12mmも来るのかなあ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Voigtlaender」カテゴリの最新記事

Voigtlaender」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+