• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Tamron 10-50mm F3.5-5.6 VC Fisheyeの特許:エンジニアの嗜み:So-netブログ

http://egami.blog.so-net.ne.jp/2014-09-29

魚眼、広角、中望遠を切り替え可能!タムロンが高倍率魚眼ズームレンズを開発中!?

エンジニアの嗜みさんにタムロンの高倍率魚眼ズームレンズの特許の話が掲載されています。


  • タムロンが10-50mm F3.5-5.6の特許を出願中。
  • 防振機構を搭載したAPS-C用ズームレンズ。
  • 広角域は魚眼、中間域は広角、望遠域は中望遠レンズとして使うことが可能。
  • 見たもの全てを写し込めるレンズ
  • タムロンの特許申請は、視野を全て写し撮ることも、人が注視した範囲を切り撮ることも出来る。
  • ズーム率の高い魚眼ズーム。
  • システムに魚眼レンズが一本あると、見える範囲全てを写し撮ることが出来るので便利。
  • 生き物の視野は、人間が約210度、肉食動物が約250度、草食動物が約350度と一般的には言われている。
  • この画角を得られる超広角レンズは存在しない。
  • ステッチング等の技法や魚眼レンズを使うことになるから。
  • 魚眼レンズには特有の歪曲があるが、画角が足りず写っていない範囲があるよりは良い。
  • しかし視野から切り撮って撮影したい場合に魚眼レンズは不便。
  • 魚眼レンズ一本で全てのシーンに対応することは出来ない。
  • 特許申請のレンズであれば人が注視した画角にも対応する。
  • 次世代基準の高倍率ズームになるかもしれない。

とのこと

ほほう、魚眼と広角(中望遠までいきますけど)を切り替え可能なレンズですか。
魚眼て持ってると良いんですが、用途が限定されるんですよねえ。
まあ、魚眼コンバーターや交換レンズ持ち歩けばいいんですが、こういったズームならレンズ交換する手間も省けますし、荷物も減るしで、かなり便利かもですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「TAMRON」カテゴリの最新記事

RFレンズ ヨドバシの10月下旬のレンズ販売ランキングで、キヤノンのEOS R用「RF24-105mm F4L IS USM」がトップになった模様。
タムロン 2019年半ばにタムロンからソニーのフルサイズEマウント用レンズ「100-400mm f/5-6.3 」が登場する!?
CP+2019 CP+2019で最大規模のブースは今回もソニーで、2番目は富士フイルムの模様。
TAMRON 17-35mm F/2.8-4 Di OSD(Model A037) タムロンが、フルサイズ一眼レフ用レンズ「17-35mm F/2.8-4 Di OSD(Model A037)」を正式発表。手ブレ補正を非搭載にして、クラス最小最軽量を実現。
タムロン タムロンのフルサイズ向け広角ズーム「17-35mm F/2.8-4 Di OSD」の画像がリークされた模様。
タムロンから2018年中に、フルサイズEマウント用のコンパクトな広角ズームが登場する!?
タムロンがデュアルカメラユニットを開発中!? タムロンがデュアルカメラユニットを開発中!?
タムロンがTECHARTと組んで、SIGMAマウントコンバーターMC-11のような製品を開発していた!? タムロンがTECHARTと組んで、SIGMAマウントコンバーターMC-11のような製品を開発していた!?
テレビアニメ「多田くんは恋をしない」のカメラ描写が細かすぎると話題の模様。 テレビアニメ「多田くんは恋をしない」のカメラ描写が細かすぎると話題の模様。
タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036) TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD レビュー「F2.8でのやわらかな描写、絞った際のキリっとした描写、それぞれにタムロンらしさがある。」
タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036) TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD レビュー「十分な性能に加えて、軽量かつコンパクトで、コストパフォーマンスが高い」
タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036) タムロンのソニーフルサイズEマウント用大三元「28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)」が予約殺到で生産が追いつかない模様。

TAMRON」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+