• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

ソニーがEマウント用のF2.8のズームレンズを準備中 – デジカメinfo

http://digicame-info.com/2015/06/post-720.html

ソニーがフルサイズEマウント用のF2.8通し大三元レンズを開発中!?

デジカメinfoに、dpreview のシニアマネージャーのインタビューが掲載されています。

→Interview: Kimio Maki of Sony – 'the customer’s voice is the most important data for me': Digital Photography Review


■α7R II の開発で技術的な最大の課題は?

  • 解像度と高感度性能のバランスを取ることだ。
  • 40MP以上の解像度と、そしてISO6400を超える高感度が必要で、このバランスを取るために裏面照射CMOSの技術が必要だった。

■α7シリーズで批判されていたRAWの圧縮はα7Rでも同じなのか?

  • 現時点では同じだ。まだ取り組んでいるところだ。
  • 将来はソフトを変更するかもしれないが、まだ完成していない。
  • 14-bit等を求めているユーザーもおり、どのように対応するか検討している。

■42MPセンサーのダイナミックレンジは36MPセンサーと同等?

  • ダイナミックレンジは同等か若干良くなっている。

■動画の画質ではまだα7Sにアドバンテージがあるのか?

  • 動画の画質の点ではα7R II とα7Sは同程度のはずだが、状況による。
  • 暗い場所なら、もちろんα7Sが良好だ(KM氏)。
  • α7Sはラインスキップやピクセルビニングなしで、4K動画が撮影できる。
  • α7R II には、これはできない。
  • しかしα7R II のSuper35クロップモードでは、全画素読み出しで、ラインスキップやビニングなして、それらの画素を4Kにスーパーサンプルしいる。
  • 理論的には、このモードではα7R II が他のどの4Kカメラよりも優れているはずだ(MW氏)

■一眼レフのAFのアドバンテージはあるのか?

  • アドバンテージはあるが、それはどんどん小さくなっている。

■交換レンズについて

  • 35mm F1.4や90mmマクロは既に登場しておりF4のズームもラインナップされている。
  • 次の交換レンズはラインナップのアッパーエンドになる。

■それは焦点距離についてのことなのか?

  • その通りだ。そして明るさに関してもだ。
  • F2.8のラインナップが必要であり、そして明るい単焦点も必要だ。

■α7R II の5軸手ブレ補正はα7 II と同等なのか?

  • 同等の性能だが、ピクセル数が多いので、システムは異なっている。
  • 42MPセンサーで4.5段分の効果を達成するためにアルゴリズムを変更している。


とのこと



SONY ミラーレス一眼 α7R ボディ ILCE-7R/B



おお、ついにF2.8通し大三元レンズが登場するんでしょうかね。これを待っているα7ユーザーは相当数いるでしょうね。普通に考えれば大きくて重くなると思いますが、それをα7に合わせてどこまでコンパクトにしてくるか…楽しみですねえ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+