• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

ソニーα7 II は4本のAマウントレンズでは手ブレ補正が3軸になる- デジカメinfo

http://digicame-info.com/2014/12/7-ii-4a3.html

α7II 5軸手ブレ補正

デジカメinfoさんに、News Shooter の、ソニーα7 II の手ブレ補正等に関するいくつかの情報が掲載されています。
News Shooter | Sony a7 II – Is it a video contender? and how well does the 5-axis stabilisation work?
Newsshooter additional info on the Sony A7II (On few Sony lenses “only” 3 axis stabilization works). | sonyalpharumors


  • α7 II の5軸手ブレ補正は、手ブレ補正が搭載されていないほとんどのソニーレンズで使用できるが、4本の例外がある。
  • Aマウントの16mm F2.8フィッシュアイ、20mm F2.8、28mm F2.8、500mm F8 ミラーレンズをマウントアダプターで使用しているときは、3軸の補正になる。
  • 電子接点の無いサードパーティー製レンズをα7 II に装着した場合は、メニューから焦点距離を入力することができる。
  • 使用するレンズに最も近い焦点距離を入力するように言われたが、ズームではどうするのかは分からない。
  • 設定した焦点距離の変更は、素早く設定を変更するために、カスタムボタンに割り当てることができる。
  • ソニーは、サードパーティー製レンズで手ブレ補正はたぶん良好に動作すると述べているが、保証はない。
  • ソニー純正の4本レンズが、5軸手ブレ補正を使えないことを考えると、全てのサードパーティー製レンズで5軸手ブレ補正が使えると言うのは賢明ではない。
  • ソニーは、回転ブレ補正は動画撮影者にとって最も助けになると、熱心に指摘していた。
  • おまけとして、センサーシフト式手ブレ補正は、物理的にセンサーを揺すってゴミを落とすことができるので、センサーのクリーニング(ゴミ取り)を改善する。
  • α7 II のセンサーは、オリジナルのα7と同じだが、データの処理という点でいくらか改善されており、これによって画質が良くなっているかもしれない。
  • 興味深いところに、α7 II のS-log2動画モードの最低感度は、ISO3200のα7Sとは対照的にISO1600のようだ
  • α7 II は、4K動画を必要としないマルチメディアシューターに素晴らしい選択肢になるはずだ。
  • より高性能なカメラが必要な動画作家には、引き続きα7Sの方が良く、我々はソニーがα7 II の技術をα7S後継機に搭載することを望むしかない。

デジカメinfoさんコメント
  • 5軸補正のE-M5と3軸補正のE-M10でそれほど大きな違いはない。
  • 並進ブレ補正の2軸が無くてもそれほど影響は大きくはなさそう

とのこと



ソニー α7II【ボディ】ILCE-7M2/デジタル一眼



これは、ソニーの公式サイトの手ブレ補正紹介でも「Aマウントレンズ ※レンズによってはPitch/Yaw/Rollの3軸補正になります」と表記されているので、まあそんない驚く事では無い気がしますね。個人的には、3軸の手ブレ補正使えるだけも、α7IIはかなり魅力がありますね。記事ではα7Sを希望してますが、ローパスレスで手ブレ補正対応の、α7RIIも出して欲しいなあ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+