• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

ソニーがスマートフォンなど向けに、小型化と画質、機能の向上を実現した有効2100万画素の積層型CMOSイメージセンサーExmor RS『IMX230』を商品化。


ソニーが像面位相差AF搭載の1/2.4型センサーExmor RS「IMX230」


スマートフォン向けのCMOSイメージセンサーとして業界で初めて、動きの速い被写体へのフォーカス追従性に優れた像面位相差AF信号処理機能をCMOSイメージセンサー上に搭載。
逆光など明暗差が大きい環境下でも、背景と被写体を色鮮やかでクリアに撮影するHDR(ハイダイナミックレンジ)機能が、新たに高解像度の静止画や4K動画撮影にも対応。
イメージセンサーは2015年4月から順次出荷を開始。


  • Exmor RSは、裏面照射型CMOS イメージセンサーの従来の支持基板の代わりに信号処理回路が形成されたチップを用い、その上に裏面照射型画素が形成された画素部分を重ね合わせた、独自の「積層型構造」
  • 高画質化・高機能化・小型化を両立したCMOSイメージセンサーで、ソニーが2012年に初めて商品化。
  • 今回商品化した1/2.4型の『IMX230』は、積層型として画素数を有効2100万画素へと大幅に向上。
  • 新開発の信号処理機能を搭載。これによりスマートフォンでの撮影においてニーズの高い、高速オートフォーカス(像面位相差AF)や、逆光の撮影環境などでも明暗部を明瞭に映し出す高画質(HDRイメージング)を実現。
  • 「像面位相差AF」はミラーレス一眼カメラなどに採用されている技術
  • 「HDRイメージング」は新たに静止画撮影と4K(4096×2160)の高解像度動画撮影に対応。
  • 今回の「像面位相差AF」と「HDRイメージング」機能を搭載した積層型イメージセンサーは、来年度中に有効1600万画素のラインアップ展開も予定。

ソニーが像面位相差AF搭載の1/2.4型センサーExmor RS「IMX230」を発表


ソニーが像面位相差AF搭載の1/2.4型センサーExmor RS「IMX230」を発表


→Sony Japan | ニュースリリース | 積層型CMOSイメージセンサーExmor RS™を商品化



Sony Xperia D6653 Z3 LTE SIMフリー【並行輸入品】 (Blackブラック)



ソニーもこのサイズのセンサーにも像面位相差AFが載ったんですねえ。まずは、Xperia Z4に搭載されるのかな?
iPhone6もFocus Pixelsという像面位相差AFに近い技術が搭載されていますが、今回のソニーに「IMX230」は測距点192点となるので、AFスピードはソニー軍配が上がりそうですね。
また、HDRイメージングによりダイナミックレンジが広がりますので画質にも期待できそうですね。これは楽しみです。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+