• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

(SR4) Hot news! Sony revolutionizes the sensor world? Makes world’s first Active Pixel Color Sampling sensor (APCS). | sonyalpharumors

http://www.sonyalpharumors.com/sr4-hot-news-sony-revolutionizes-the-sensor-world-makes-worlds-first-active-pixel-sensor-apcs/

Active-Pixel Color Sampling sensor (アクティブピクセルカラーサンプリング センサー) /APCS

sonyalpharumorsにソニー新しい技術を使用したセンサーの噂が掲載されています。

私はCnbetaからこのイメージを入手した。
しかし、私はすでにこの技術特許を見ている。これがSR4と噂を格付けした理由。


■ソニーは長いベイヤーセンサーの歴史を終わらせる:

  • これが本当なら、写真業界に変革が起きる。
  • ソニーは2015年に「Active-Pixel Color Sampling sensor (アクティブピクセルカラーサンプリング センサー) /APCS」を発表する予定だ。
  • クラッシックなRGBベイヤーセンサーとはお別れだ。
  • 上記画像のスペックシートでは、480万画素を持つ新しい1.5インチセンサーとなっている。
  • 低いと思うかもしれないが。これからビッグニュースが来る。

■一つ一つのピクセルは電子移動カラーフィルタの助けを借りフルカラー情報の取得が可能

  • 動作の詳細は記載されていない。
  • 基本的には「RGBG」の4ピクセルから1つのピクセルの色情報を補完して取得するベイヤーセンサーとは違い、APCSセンサーではで全てのピクセルが完全な色情報を取得できる。
  • このセンサーはベイヤーセンサーとは違い画素情報を補間する必要は無い。
  • つまり同じ面積でベイヤーセンサーの4倍の解像力が得られる。
  • これは、DPシリーズで使用されるシグマFoveonセンサーよりも先進的なソリューション。
  • シグマは縦3層にR-G-Bのレイヤーを使用している。
  • しかし、3つの画素情報を1つにマージする必要があり、それぞれのレイヤー上で欠損があるのでノイズ苦労している

■このセンサー設計の有利な点

  • 同じ解像度のベイヤーセンサーに比べるとピクセルサイズが4倍大きくなる
  • これにより広いダイナミックレンジと低ノイズを意味する
  • α7Sを上回るクレイジーなISO感度になるかもしれない
  • モアレの問題はない。ローパスフィルターが不要
  • 超高画素センサーが可能になる。
  • 画素数を抑えられ高速な読み出しと処理が可能になる

■新しいAPCSセンサのその他の主な機能:

  • 電子グローバルシャッター。ローリングシャッター現象が発生しない。
  • 2K 16000fps の撮影が可能。(RGBG補間の必要が無いためプロセッサが1秒あたりのフレーム数を読み出すためにフルパワーを使用することができる)。

■このセンサーの登場はいつか?:

  • センサーは最初はXperiaZ4に搭載されるだろう。
  • その後、Aマウント α のAPS-Cとフルサイズ機に、同じテクノロジーを採用したセンサーが採用されるだろう。

■センサーの発表時期:

  • 信頼できるソースが、この完全に新しいセンサー技術は、2015年末から2016年初頭の間に導入されると言った。


とのこと

どういう理屈かは謎ですが、1ピクセルでRGB全ての色情報を得られるようですね。一体どんな技術なんだろうか…。なんらかの技術的ブレークスルーあったんだろうなあ。これはFoveonを超える予感がしますね…。しかしAPCSって略称はAPS-Cと似てて紛らわしいですな(笑
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+