• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

ソニー「135mm F2.8 [T4.5] STF」:デジカメWatch

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/lens_review/2007/01/22/5376.html

SONY135mm F2.8[T4.5] _stf_s2

デジカメWatchのSONY 135mm F2.8 [T4.5] STF (SAL135F28)レビュー。


  • 独特のボケ描写から、ミノルタ時代にも名を馳せた中望遠レンズ。
  • STFとは「スムース・トランス・フォーカス」の略で、レンズに内蔵された「アポダイゼーション光学エレメント」(APDエレメント)により、滑らかで美しいボケ像を作り出せるレンズ。
  • 特に点光源にその特徴がよく現れてる。
  • 通常、点光源のボケはほぼ均一な濃度の円形になるが、このレンズのボケ像は円周にいくほど薄くなる。
  • 見る人に軟らかい印象を与える。
  • 点光源以外のボケも同じく滑らかで、硬さは見られない。
  • それでいてピントが合った箇所はシャープ。
  • 近距離での解像感は、マクロレンズ並みといって良い。
  • ただしAPDエレメントにより、レンズを通る光の量が、理論的なFナンバーより少なくなる。
  • 例えば、開放F2.8時の実効F値はF4.5相当。
  • レンズ名の[T4.5]は、通常のFナンバーに相当する数値を「Tナンバー」で表したもの。
  • 露出決定の際はF値と同等。
  • APDエレメントが働くのは、絞りリングで操作できるT4.5~T6.7までの範囲。
  • 絞りをA位置にすると、ボディ側でT6.7以上の絞りも選べる。
  • フィルター径72mm、全長99mmと大柄なレンズ。さらに価格も高価。
  • フォーカスもMF専用になるため、使い手を選ぶレンズといえる。
  • しかし、このレンズが作り出す独特の世界に惹かれる人にとっては、何物にも代え難いレンズ。

とのこと



SONY 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28



フォトヨドバシさんの記事に続き、個人的に興味の出ているSTFレンズです。
もちろんそのボケ描写もさることながら、開放でもピントピークは素晴らしくシャープですねえ。
独特な世界感の写真作品が作れそう。うーん…一度使って見たい。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+