• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

【レビュー】暗闇でもブレ知らず、超高感度対応のフルサイズミラーレス – ISO409600撮影が可能なソニー「α7S」実写レビュー 低ノイズで豊かな階調性を持つ高感度の画質 | マイナビニュース

http://news.mynavi.jp/articles/2014/08/04/alpha7s/

ソニー α7S レビュー

マイナビニュースにα7Sを水族館で使用したレビューが掲載されています。


  • α7Sの高感度性能を試すために、薄暗い水族館内でスナップ。レンズは「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」
  • 撮影モードをマニュアル、被写体ブレを抑えるためにシャッター速度を1/200秒、感度オートで撮影。
  • 2枚撮影しISO1600、ISO2000にそれぞれ自動設定されたが、画質に破綻はなく、ディテールまできちんと描写。
  • 被写界深度を深くするために、絞りをF5.6まで絞り込んで撮影。
  • オート設定の感度はさらに高まり、3枚撮影でISO2500、ISO3200、ISO5000。
  • PC上で等倍表示にするとややザラつきは見られるが、汚いという印象はない。
  • レンズの光学性能の高さと相まって、細部までくっきりと解像。
  • 高感度時の階調再現性のよさも見逃せない。
  • 水族館の館内は強い照明によって明るく照らされた部分と、光が当たらず暗く影になった部分との明暗差が大きい。
  • 露出設定を間違えるとは白とびや黒つぶれが生じやすいシーン。
  • しかし、どのカットもハイライトからシャドウまでの階調をきちんと再現された。
  • α7Sは、現行のデジカメの中ではトップ級の高感度性能を持つカメラ。
  • 夜景や星空のほか、動き回る子どもやペットの室内スナップ、屋内スポーツ、ライブ、演奏会、水族館などを撮りたい人には特にオススメできる。

とのこと



ソニー デジタル一眼カメラ「α7S」ボディ ILCE-7S



α7Sは水族館でもかなり使えるようですね。まあ「ナイトサファリ」のあの暗闇でも写るα7Sの高感度性能を考えると、水族館の明るさなら楽勝なんだろうなあ。α7Sを使えば暗所系の撮影はどこだろうが問題なくなりそう。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+