• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

ASCII.jp:「α7S」”ISO 409600”でモデルさんをビデオ撮影してみた

http://ascii.jp/elem/000/000/913/913396/

α7Sレビュー。暗闇の中ろうそく一本でモデルをビデオ撮影。

ASCII.jpに暗所にてα7Sでモデルをビデオ撮影した記事と動画が掲載されています。
レンズは「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z」を使用。光源はろうそく。




  • 「α7S」は低照度に強いということで、ろうそく1本を光源として動画撮影。
  • ISO100、200、400、800、1600、3200、6400、12800、25600、51200、80000、102400、128000、160000、2048000、256000、320000、409600とISOを変化させている。
  • モデルさんの様子がわかり始めるのは、ISO51200あたりから。
  • ほぼ一定間隔でISOを変化させている。
  • データは1/125、F4、DROオフの状態で60p 28MB(PS)にて撮影したものをMP4に変換。
  • ISO409600で撮影することはまずないにしても、動画を見るかぎりISO64000あたりまではもう少し光源を確保すれば十分なレベル。


スチルに関して

  • α7Sは気兼ねなくISO6400を基本にできるため、暗所以外でシャッター速度を稼ぎやすい。
  • α7Sのもうひとつのポイントは、薄暗い場所での粘り強さ。ISO16000あたりでも十分“OK“な範囲。
  • α7を持っているが、薄暗い場所取材の多い筆者としては、取材用にほしくなっているほど。

とのこと



ソニー公式動画「Sony A7s: Low Light Demonstration (ISO 1600 to 409600)」



ISO25600でうっすらと見え始めてきますねえ。ろうそく一本でここまで映るなら、ちょっとした照明があれば、そうとう良く映りそうですねえ。
さらにソニー公式の動画を改めて見ると、やはりこの高感度性能はスゴイなあと思います。しかし、個人的にはこれを使うシーンが思いつきません(笑 もちろんスチルだったら暗所撮影時に超便利そうですが。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+