• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. キヤノン「RF70-200mm F2.8 L IS USM」と「EF70-200mm F2.8L IS II USM」の大きさ比較。かなりコンパクトな模様キヤノン「RF70-200mm F2.8 L IS USM」と「EF70-200mm F2.8L IS II USM」の大きさ比較。かなりコンパクトな模様(1632views)
  2. キヤノンがEOS Rにてボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正をシンクロする「All Optical IS」を開発している模様。キヤノンがEOS Rにてボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正をシンクロする「All Optical IS」を開発している模様。(950views)
  3. オリンパスのPEN-Fが日本の販売店でディスコンになっている!?オリンパスのPEN-Fが日本の販売店でディスコンになっている!?(479views)
  4. キヤノンの今後の新製品の噂&予想【2019年2月】高画素EOS Rや「RF100-400 F3.5-5.6L IS USM」「RF50mm F1.8 IS STM」「RF24mm F1.4L USM」など。キヤノンの今後の新製品の噂&予想【2019年2月】高画素EOS Rや「RF100-400 F3.5-5.6L IS USM」「RF50mm F1.8 IS STM」「RF24mm F1.4L USM」など。(285views)
  5. パナソックのフルサイズミラーレス「LUMIX S1R」「LUMIX S1」は、2機種で月産台数750の模様。パナソックのフルサイズミラーレス「LUMIX S1R」「LUMIX S1」は、2機種で月産台数750の模様。(207views)
  6. パナソニックが「LUMIX FZ1000 II」「LUMIX TZ95」を近日中に発表する模様。スペックのリーク情報も。パナソニックが「LUMIX FZ1000 II」「LUMIX TZ95」を近日中に発表する模様。スペックのリーク情報も。(198views)
  7. キャノン「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II」は今の「EF100-400mm F4.5-5.6L IS」よりかなり小さい!?キャノン「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II」は今の「EF100-400mm F4.5-5.6L IS」よりかなり小さい!?(154views)
  8. キヤノンが大三元を含む6本のRFレンズを開発発表。「RF15-35mm F2.8 L IS USM」「RF24-70mm F2.8 L IS USM」「RF70-200mm F2.8 L IS USM」「RF85mm F1.2 L USM」「RF85mm F1.2 L USM DS」「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」キヤノンが大三元を含む6本のRFレンズを開発発表。「RF15-35mm F2.8 L IS USM」「RF24-70mm F2.8 L IS USM」「RF70-200mm F2.8 L IS USM」「RF85mm F1.2 L USM」「RF85mm F1.2 L USM DS」「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」(149views)
  9. キヤノンが「EOS RP」を正式発表。フルサイズミラーレスの小型軽量で手頃な価格のカジュアルモデル。5000台限定のゴールドカラーも発売。キヤノンが「EOS RP」を正式発表。フルサイズミラーレスの小型軽量で手頃な価格のカジュアルモデル。5000台限定のゴールドカラーも発売。(140views)
  10. シグマ山木社長がキヤノン「EF50mm F1.8 II」の月産数を7万と知って旅に出た模様(笑シグマ山木社長がキヤノン「EF50mm F1.8 II」の月産数を7万と知って旅に出た模様(笑(131views)

Sony manager says we can do f/1.0 lenses but f/1.2 would make more sense. Also new telephoto lens is coming soon! – sonyalpharumors

https://www.sonyalpharumors.com/sony-manager-says-we-can-do-f-1-0-lenses-but-f-1-2-make-more-sense-alo-new-telephoto-lens-is-coming-soon/


sonyalpharumors に、ソニー田中健二氏へのインタビュー記事が掲載されています。

ソニー・マネージャーの田中健二氏は、amateurphotographer.co.ukのインタビューを受け、いくつかの興味深い考えと情報を共有した。


マウント直径の議論について:

  • レンズの直径は問題ではない。正直言って小型マウントを作ることは非常に難しい。
  • しかし、新しい400mm F2.8の品質は競合他社よりも優れている。
  • つまり、マウントの直径が私たちの最前線のレンズには重要ではない。

より明るいF値の開発について:

  • おそらく、F1.2の需要はあるだろうが、F1.0の需要はあるだろうか?
  • 技術的には、F1.0は可能だが、ビジネス的には意味がない。

新しい競合について:

  • もちろん我々は新しいモデルを計画しているが、正直言って競争相手を気にしていない。
  • 私たちは顧客の声を気にしている。多くのお客様からフィードバックをいただいている。
  • それに基づいて新製品を創り出す。

新しい望遠レンズについて:

  • 私たちは最近、スポーツ撮影用の400mm F2.8を発売した。
  • このセグメント用に別のレンズを開発する予定だ。

α7-α9のサイズについて:

  • 大型のカメラはソニーの哲学ではないので、別の製品が良いかもしれない。

  • 私はF1.2単焦点を作ることをソニーが考えているのは驚いていない。
  • 田中氏がより大きなカメラを作ることを除外したことを聞いて少し驚いている。
  • 最後に世代ごとに緩やかに大きくなっていると思っている。

とのこと



SAMYANG 単焦点広角レンズ AF 35mm F1.4 FE ソニーαE用 フルサイズ対応



F1.2のレンズがもしかすると登場するかもですね。F1.0は発売されても、とんでもない価格になりそうですし、なかなか売るのは難しいかもですよね。ZのNIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctじゃないですが、技術力のアピールには良いかもですが。しかし、各社が大口径なマウントを発表する中、ソニーとしては色々と思うことはあったとしても、こんな感じに答えるしかないですよねえ。なお、Eマウントでいま噂にあがっているのは、FE 35mm F1.8 Gなわけですが、Eマウントの単焦点GレンズとしてはFE 90mm F2.8 Macro G OSS以来の2本目の単焦点Gなので、どんなサイズ感でどんな描写をするレンズが登場するのか、楽しみですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+