• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

【フォトキナ】ソニー、瞳AFの動物対応を予告 – デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1144732.html

ソニーが「瞳AF」を動物にも対応させる模様。

デジカメ Watchに、ソニーのフォトキナ2018開幕前日のプレスカンファレンスについてのニュースが掲載されています。


  • カンファレンスではEマウントの現状について説明。
  • フルサイズ対応のFEレンズが30本に達し、APS-Cも含めて現在48本のラインアップ(ソニー製)。
  • 今後60本まで増やす予定を明らかにした。
  • αシリーズに2013年から搭載している「瞳AF」について、動物の瞳も追従する機能を来年初頭に提供予定と予告。
  • 人間同様に、横顔や、速い首の振りにも対応。
  • AI技術を取り入れて進化するという。

とのこと



ソニー SONY ミラーレス一眼 α5100 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS付属 ブラック ILCE-5100L-B



瞳AFを動物へ対応させるんですねえ。これは猫写真家や野生動物写真家にはたまらない機能になりそうですね。動物は人間よりも動き速いですからね。AIで精度も上がっていきそうなので、楽しみな機能ですね。またEマウントをレンズを60本まで増やすとのことですが、具体的なロードマップなどの発表はなかったようで、やはり、噂通りに新製品発表はなかったようですね。ソニーはキヤノンとニコンのフルサイズミラーレスを迎え撃つ準備が整っているという話が出てましたが、キヤノニコどころか、ライカ&パナ&シグマ連合まで参入してきましたからね。パナは開発発表ではありますがスゴイの出してきましたし、今後のソニーの動向が気になりますね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+