• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Panasonic GH5S Review Imaging Resource

http://www.imaging-resource.com/PRODS/panasonic-gh5s/panasonic-gh5sA.HTM


Imaging Resourceに、パナソニックGH5Sとソニーα7S IIとの比較レビューが掲載されています。


  • α7S IIとGH5Sを比較した。
  • α7S IIをレビューしたとき、動画でISOテストしておらず、スチル撮影していた。
  • α7S IIのスチル画像とGH5Sの動画切り出しを比較。
  • 一般的には、ビデオ以上にスチルの方が全体的なパフォーマンスが向上する傾向にある。しかし、ここでの結果は私たちを驚かせた。
  • 私の意見では、ISO12800と25600の両方で、パナソニックGH5Sは、同じISOのα7S IIよりも優れた色再現、ディテール保持、ノイズコントロールを提供している。
  • GH5Sがα7S IIより優れていることは明らかだ。
  • はるかに小型のセンサーは、高感度性能のために特別に設計されたフルサイズカメラよりも、極端に優れた高感度性能を示している。
  • ISO 51200では、GH5Sはディテールを失い、色はかなり濁っているが、α7S IIは細かなディテール保持しているが、いくらか極端なノイズがある。
  • どちらの低照度カメラでも、「使用可能な」ISOのピークは25600であり、51200は極端な状況でしか使用できない。
  • 両方とも、それよりも高いISOはあまりにもノイジーでとても画像劣化する。
  • 12,800と25,600の両方で、GH5Sは同じISOのα7S IIよりわずかに優れている。
  • フルフレームのα7S IIよりも大幅に小さいセンサーのGH5Sが、低照度性能で打ち負かしている。

とのこと



パナソニックGH5ムービー 完全攻略ガイドブック (ビデオサロン 2017年6月号別冊)



海外で正式発表されたパナソニックのGH5Sですが、早速α7S IIとの比較レビューが出てきましたね。α7S IIは、フルサイズで最高ISO409600の高感度番長なわけですが、掲載されたISO12800と25600のテスト画像を見る限り、たしかにGH5Sの方がノイズは抑えられているように見えますし色の発色も良いように見えますね。ただ、ディテールについては赤系はα7S IIの方が再現力が高いように見える気がするんですが、どうなんでしょうかね。今回はGH5Sは動画切り出しでα7S IIはスチルという比較なので、お互い動画同士、スチル同士での詳細なレビューが見てみたいですね。なんにせよ、マイクロフォーサーズ機で、ここまでの高感度性能は驚異的と言っていいですよね。新搭載されたデュアルネイティブISOが凄いのかもですね。これ他のメーカーのカメラにも搭載して欲しいですねえ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Panasonic」カテゴリの最新記事

Panasonic, Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+