• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Rumored Sony roadmap recap: A7III, A7sIII and lenses (135mm, 20mm and 200-600mm FE) – sonyalpharumors

https://www.sonyalpharumors.com/sony-roadmap-recap-a7iii-a7siii-and-lenses/

sonyalpharumorsに、ソニーの2018年に発表される新製品の噂まとめが掲載されています。


  • 2018年を迎える前に、これまでのことをまとめてみる。
  • このまとめは、過去の正しいソース、いくつかの新しいソースに基づいており、2017年に間違っていたソースからの情報を取り除いた。

ソニーのカメラ:



1)α7S III:

  • 2018年第2四半期(4月から6月)に発売される確率は95%。
  • NABショーまたはその前に発表され、4K 60fpsとα9のAFシステムを持っている。

2)α7 III:

  • 2018年前半に出荷される確率は80%。
  • このα9の弟は2018年初頭に発売予定。
  • 正確な発表日はまだ未確認。うまくいけば、2月~3月のCP+付近。
  • カメラには、新しい2400万画素センサー、6コマ/秒連写、ジョイスティック、タッチスクリーン、4K 30fps、α9と同じまたは似たAFシステムが搭載される。

3)α77 III(Aマウント):

  • 2018年の早い段階で50%の可能性
  • これは、次に発表されるAマウントカメラになる可能性がある。
  • リリースに関する情報はまだない。
  • スペックは、α77 IIのAF位相検出モジュールと新しいハイブリッドAF(α6500の像面位相差AF)を組み合わせることが期待されている。
  • それは2400万画素んのα6500のセンサーを搭載し、4Kの記録が可能。

  • 新しいRXまたはα6xxxに関する情報はまだない。


Eマウントレンズ:



  • 最初は噂では無い。FE 400mm F2.8 GM OSSは2018年9月に出荷される(BH photo参照)

1)FE 135mm:

  • おそらくF1.8。

2)FE 20mm F2.8:

  • 2018年にこれが発表される可能性は50%

3)200-600mmレンズ:

  • 2018年にこれを得る可能性は50%。

4)Zeiss BatisとLoxia:

  • 次のレンズについてのスペックがはまだ分かっていない。
  • しかし、2018年には2つのレンズがあるかもしれない。

5)シグマ 35mm F1.4 FEと、他のFEレンズ:

  • 2018年2月、35mm F1.4 FEを発表予定。
  • 2018年以降、より多くのレンズが発売されるはずだ。

6)Voigtlander FE:

  • NOKTON classic 35mm F1.4 E-mountは2018年に登場する(事実であり噂ではない)。
  • その後、新しい125mm F2.0マクロのFEレンズが登場する可能性がある。

7)Tokina FE:

  • 2018年に新しい超広角と明るい広角のFEオートフォーカスレンズをリリースする予定。
  • 標準ズームは、2018年後半または2019年初めにリリースされる予定。

8)サムヤンFE:

  • 135mm FEが発表される。おそらく新しいFEズームレンズも。

とのこと



TOP-MAX NP-FW50互換バッテリ 2個+ LEDパネル表示、デュアルポート充電器はNP-FW50 Alpha 7 7R II 7S a7 a7R a7S a7R II Alpha a3000 a5100 a6000 NEX-3 NEX-5 NEX-6 NEX-7 SLT-A37 DSC-RX10 II対応



α7S IIIは、少し前にα9Sとも噂されて話が上がっていましたが、結局登場したのα7R IIIでしたよね。3世代目のα7R IIIが出たので、α7S IIIもα7 IIIも登場は時間の問題な感じもしますが、2018年前半にはどちらも登場しそうな感じですね。α7 IIIは連写機能の無いα9とも噂されていますが、価格がどのくらいになるのか気になりますね。安かったらかなり魅力的なカメラになりそうな気がしますね。そして、α77 IIIは以前少し噂が上がっていましたが、本当に登場するんですかね。まあ、ソニーは一応Aマウントは辞めないと言っているので、細々と続けていく感じなんですかね。あと、Eマウントレンズ群ですが、FE 135mmはF2.0、F1.4という話もありましたが、F1.8になる感じですかね。あとFE 20mm F2.8はAマウントの20mmに似たレンズという噂になっています。200-600mmレンズも以前噂が上がっていました。シグマの35mm F1.4 FEはFE 50mm F1.4 ZAとツァイスFE 35mm F2.8 ZAの間くらいとかなりコンパクトという噂が上がっていましたし、ズームの話も出ていましたね。フォクトレンダーの125mm F2.0マクロは噂が出たばかりで、そしてTokinaは、超広角および大口径広角FE用のAFレンズという噂でしたね。さらにサムヤンはAF50mm F1.4 FEAF35mm F1.4 FEを発表しており。135mmも噂に出ていましたね。2018年もFEレンズは充実した年になりそうな予感ですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「SIGMA」カテゴリの最新記事

2層構造のFoveonセンサー シグマが2層構造のFoveonセンサーを開発している!?
DPReview Awards 2018 DPReview Awards 2018発表。プロダクト オブ ザ イヤー はソニーα7 IIIが受賞。イノベーションアワードはGoogle Pixel 3が受賞。
CP+2019 CP+2019で最大規模のブースは今回もソニーで、2番目は富士フイルムの模様。
シグマビール シグマのフォトキナ2018でのメインの新製品発表はビールだった!?
Foveon シグマのフルサイズ版Foveonセンサーは既に設計はできている模様。
Foveon シグマがFoveonセンサー搭載Lマウントのフルサイズミラーレスの2019年発売を予告。SA-LとEF-Lのマウントコンバーターも2019年に発売。
シグマが「SIGMA 28mm F1.4 DG HSM | Art」「SIGMA 40mm F1.4 DG HSM |Art」「SIGMA 56mm F1.4 DC DN | Contemporary」「SIGMA 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports」「SIGMA 70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports」を正式発表。 シグマが「SIGMA 28mm F1.4 DG HSM | Art」「SIGMA 40mm F1.4 DG HSM |Art」「SIGMA 56mm F1.4 DC DN | Contemporary」「SIGMA 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports」「SIGMA 70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports」を正式発表。
SIGMA シグマが今後開発する全てのレンズ交換式カメラはLマウントに。新しいSAマウントカメラの開発は行わない模様。
ライカ、パナソニック、シグマが協業を正式発表「Lマウントアライアンス」 ライカ、パナソニック、シグマが協業を正式発表「Lマウントアライアンス」
L-Mount Lマウント パナソニックのLマウントのフルサイズミラーレスのスペック情報。価格はα9より安い4000ドルになる!?
L-Mount Lマウント シグマもLマウントのカメラボディを開発している!?
L-Mount Lマウント シグマがライカとパナソニックのフルサイズミラーレスLマウント用にEFレンズマウントコンバーターを発表!?また、一部のレンズをLマウントに対応させる!?

SIGMA, Sony, TOKINA, Voigtlaender, ZEISS」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+