• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

好調続くソニーα、真打「α7R III」が市場に及ぼす影響は – デジカメ Watch

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1088657.html


デジカメ Watchに、ソニーのα7R IIIの体験会レポートが掲載されています。


  • デジカメ全体の国内市場は2014年より減少傾向。とりわけコンデジの減少が顕著。
  • レンズ交換式カメラもその例に漏れず、コンデジよりゆるやかとはいえ、減少トレンドから抜け出せていない。
  • その中で、ミラーレスカメラが浮上し始めた。
  • 2017年上半期、一眼レフカメラが前年同期比95%の微減にとどまった。
  • それに対し、ミラーレスカメラは24%増を達成。
  • 構成比を見ると一眼レフカメラ56%、ミラーレスカメラ44%と、もはや差は少ない(いずれも金額)。
  • 近年はソニーを含めたミラーレスカメラ中上級機の性能向上がめまぐるしく、そうした結果も反映されたものと見られる。
  • αは、2015年に一度は大きく伸びたものの、熊本地震があった2016年に一度減少。
  • しかし、2017年上半期に再び伸張に転じた。
  • フルサイズレンズ交換式カメラにおけるソニーのシェアは、台数29%、金額18%を記録。
  • どちらも国内2位の地位を得るに至った。
  • ソニーは、これを5月に投入したα9の影響だと説明。
  • α9が示したミラーレスカメラの可能性や実力が評価され、他のαにも広がった。
  • そうした中で投入されるα7R IIIは、動きものへの対応をはじめ、スチルカメラとしての汎用性が高められた。
  • α9がスポーツや報道を意識したモデルとすれば、α7R IIIは風景やポートレートなどをカバーする王道モデルであり、α9以上に真打登場の感がある。
  • 市場への影響がより大きく出そうなモデルといえる。

とのこと



http://amzn.to/2zWGBr4



ソニーは米国のレンズ交換式カメラで2位になっていましたが、日本でもフルサイズレンズ交換式カメラでは2位になったようですね。たしかに、最近のミラーレス機の性能アップはスゴいですよね。αシリーズ以外にも、GH5しかり、OM-D E-M1 Mark IIしかし、X-T2しかり、そして中判のGFXまで登場してますしね。α9とOM-D E-M1 Mark IIの撮影自体の能力はすでにハイエンドクラスの一眼レフに匹敵しているという話もありますし、キヤノニコの両フラッグシップ機とのα9の比較では、撮影機能に関しては全く問題なく、むしろ機材の大きさや無音の高速連写などメリットが大きいというレビューもあります。先日D850というモンスターな一眼レフ機が登場して、一眼レフもまだまだスゴいの出るなと思った矢先に、このα7R IIIの登場ですからね。もう一眼レフ機とミラーレス機の差は本当に無くなってきたのかもですね。あとは好みの話かもですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+