• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

Sony Japan | ニュースリリース | 国際宇宙ステーション船外で、『α7S II』が民生用カメラとして世界初となる4K映像の撮影に成功

https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201707/17-068/index.html

ソニーα7S IIが、国際宇宙ステーション(ISS)の船外で4K(QFHD 3840×2160)映像の撮影に民生用カメラとして世界で初めて成功。


  • 映像は雪に覆われた峰々の凹凸や、大都市圏の街明かり、色調の違いまでを鮮明に捉えた宇宙からの日本列島の昼と夜の姿。
  • 高感度性能をもち、高解像度4K動画記録が可能なα7S IIだからこそ捉えることができたもの。
  • α7S IIは、ISS「きぼう」日本実験棟に設置され、新たな船外プラットフォーム用カメラシステムの内蔵カメラとして使われている。
  • 宇宙航空研究開発機構(JAXA)によって行われたさまざまなカメラの検証試験の結果、高真空・宇宙放射線・急激な温度変化など、宇宙ならではの過酷な環境に耐えうる耐久性と信頼性をα7S IIが保持することが確認され、採用に。
  • α7S IIは、種子島宇宙センターから2016年12月9日に打ち上げられたISS補給機「こうのとり」6号機によって運ばれた
  • 2017年2月8日に「きぼう」の船外実験プラットフォームに設置。
  • 現在も、約90分ごとに地球を1周しながら約400キロの上空で4K映像や静止画の撮影を行っている。
  • α7S IIは、宇宙空間のような低光量環境でも、ノイズの影響を最低限におさえたクリアな高画質撮影が可能。
  • 例えば、宇宙からみる夜の地球などこれまで撮影が難しかった場面や、「こうのとり」などの補給機がISSに近づくシーンなどでも、鮮明な4K映像で記録することが期待されている。

とのこと



トミーテック 技MIX SC02 国際宇宙ステーション 完成時



この、国際宇宙ステーション「きぼう」のα7S IIを組み込んだカメラユニットはCP+2017でも展示されてましたよね。宇宙空間に耐えられるっていうのは相当な事ですもんね。α7S IIスゴいですねえ。ちなみに、αユニバースにはJAXA方へのインタビューが掲載されているんですが、最初はα7Sを搭載する予定で開発が進んでいたようですね。ということはα7Sでも宇宙空間の環境に耐えられると考えていたのかもですね。しかし、自分の使ってるカメラが、宇宙ステーションでも使われているって考えると、やはりロマンを感じますよね。α7S IIユーザーの方には嬉しい話でしたね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+