• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

World's First 100MP BSI CMOS Sensor From Sony ePHOTOzine

https://www.ephotozine.com/article/world-s-first-100mp-bsi-cmos-sensor-from-sony–30796

ソニーが1億5000万画素の裏面照射型センサーを2018年に予定している模様。

ePHOTOzineに、ソニーが新しいイメージセンサーロードマップの話が掲載されています。


  • ソニーは新しいセンサーロードマップを正式に発表した。
  • ロードマップ上には1億万画素、中型カメラ用の裏面照射型CMOSセンサーがある。
  • 1億万画素 裏面照射型CMOSセンサーと同様に、
  • ソニーはまた、高感度性能の高い「Starvis」センサーを導入した。
  • これらの多くはHDR(ハイダイナミックレンジ)センサーであり、その1つはマイクロフォーサーズセンサーであるIMX294だ。
  • 800万画素の画像を撮影することができます。
  • このセンサーは裏面照射 CMOSテクノロジーを使用しており。
  • マイクロフォーサーズセンサーで最初の裏面照射型CMOSセンサーだ。
  • ソニーは、Starvisセンサーを産業用画像センサーとして販売しているが、将来的に何が期待されるのかを示している可能性がある。

ソニーが1億5000万画素の裏面照射型センサーを2018年に予定している模様。



とのこと



イメージセンサの技術と実用化戦略



おお、ついに裏面照射型で1億超えですか。2018年には何かしらのカメラにこの裏面照射型1億センサーが搭載されて登場するんですかねえ。裏面照射型ではないですが、キヤノンは1億2,000万画素の一眼レフEOSや、2億5,000万画素のAPS-Hセンサーを開発してたりましますが、センサーはどこまで高画素化されるんですかね。PCのスペックやストレージ容量がいくらあっても足りなくりそうです。あと、裏面照射型マイクロフォーサーズセンサーにも期待したいですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+