• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. シグマ 16mm F1.4 DC DN | Contemporary レビュー「やはり『かくれArt』。いっそ別のプロダクトラインを作ったらと思うほど表現力の高いレンズ」シグマ 16mm F1.4 DC DN | Contemporary レビュー「やはり『かくれArt』。いっそ別のプロダクトラインを作ったらと思うほど表現力の高いレンズ」(1346views)
  2. ソニーα7R IIIがα7R IIよりも画素数アップしなかったのは、ユーザーからの要望が少なかったからの模様。ソニーα7R IIIがα7R IIよりも画素数アップしなかったのは、ユーザーからの要望が少なかったからの模様。(1249views)
  3. ソニーRX10 IVレビュー「APS-Cミドルクラス一眼と、レンズメーカーの18-400mm F3.5-6.3あたりをセットで買える値段だが、決して割高だとは思わない」ソニーRX10 IVレビュー「APS-Cミドルクラス一眼と、レンズメーカーの18-400mm F3.5-6.3あたりをセットで買える値段だが、決して割高だとは思わない」(1129views)
  4. ニコンD850のセンサーはソニー製ではなかった!?ニコンD850のセンサーはソニー製ではなかった!?(1084views)
  5. シグマ 16mm F1.4 DC DN | Contemporary レビュー「レンズの明るさや画質のことを考えると、相当コストパフォーマンスの高いレンズ」シグマ 16mm F1.4 DC DN | Contemporary レビュー「レンズの明るさや画質のことを考えると、相当コストパフォーマンスの高いレンズ」(1066views)
  6. ソニーα7R IIIの「星喰い」問題は、まだ解消していなかった!?ソニーα7R IIIの「星喰い」問題は、まだ解消していなかった!?(963views)
  7. パナソニックが静止画向けフラッグシップ機「LUMIX G9 PRO」を日本で正式発表。パナソニックのミラーレスカメラ10年の集大成。プロフォトグラファーに向けたフラッグシップ機。パナソニックが静止画向けフラッグシップ機「LUMIX G9 PRO」を日本で正式発表。パナソニックのミラーレスカメラ10年の集大成。プロフォトグラファーに向けたフラッグシップ機。(956views)
  8. ライカがEVF内蔵APS-Cミラーレス機「ライカCL」を正式発表。「エルマリートTL f2.8/18mm ASPH.」も同時発表。ライカがEVF内蔵APS-Cミラーレス機「ライカCL」を正式発表。「エルマリートTL f2.8/18mm ASPH.」も同時発表。(956views)
  9. キヤノンがハイブリッドビューファインダー搭載の一眼レフを開発中!?キヤノンがハイブリッドビューファインダー搭載の一眼レフを開発中!?(946views)
  10. ソニーα7R IIIが予想を大幅に上回る注文で生産が間に合わない模様。α5100のダブルズームレンズキットも品薄の模様。ソニーα7R IIIが予想を大幅に上回る注文で生産が間に合わない模様。α5100のダブルズームレンズキットも品薄の模様。(853views)

(SR3) First Sony High End E-mount camera “spotting report”? – sonyalpharumors

http://www.sonyalpharumors.com/sr3-first-hands-report-new-sony-high-end-e-mount-camera/

ソニー Eマウント

sonyalpharumorsに、ソニーのハイエンドEマウント機の噂が掲載されています。


  • 次の情報は、はじめて噂を共有したソースからのものだ。
  • だから話半分に聞いて欲しい。
  • 新しいソニーハイエンドEマウント機を見るチャンスがあったと私に言った。
  • これは彼の説明だ。
  • それは、キヤノン1D Xのような大きなボディではないが、現行世代よりもはるかに大きい。
  • グリップは、現行機よりもかなり丈夫で、背の高いものだ。
  • 画面も私にとっては大きく見えた。
  • チルト式画面を搭載している。横ヒンジはない。
  • SDカードについて確認することができなかった。
  • しかし、写真家はサンディスクを使っていたので、まだSDカードが採用されていると思うが、2スロットだと思う。
  • 興味深いのは、カードのドアを開くためにレバー/ボタンがついている。
  • AFポイント選択のためのジョイスティックが追加されているが、残りは見慣れたものだった。
  • 隠されていたので、ファームウェアと最終的な名前を確認できなかった。
  • 写真家が実際に撮影していたが、連写速度はかなり印象的だった。
  • 約14コマ/秒以上の音に聞こえた。
  • FE 16-35mm F2.8 GMで撮影したが、他のシーンでは新しい100-400mmを使った。
  • テープで覆われていて隠されていた。
  • 2つのレンズのサイズは競合機と同じくらいなので、より明るくなることは期待できない。
  • FE 16-35mm F2.8はかなり重いが、FE 24-70mm F2.8 GMと同じくらいだ。
  • 彼が言っていることを要約する
  • カメラはもう少し大きく、ちょっとしたグリップがある。
  • ジョイスティックコントロール
  • 印象的な連写速度(おそらく約20fps)
  • FE 16-35mm F2.8 GMとFE 100-400mm も登場する。
  • これは、今までの信頼できるソースに聞いた噂にマッチしている。
  • 低解像度センサー、約20fps、デュアルSDカードを備えたプロ向けに作られたハイエンド機で、現在のα7シリーズを上回っている。
  • また、高解像度センサーを搭載した2番目のハイエンドモデルについての噂もある。
  • しかし、そのカメラは後で(2018年?)発表されるだろう。

とのこと



ソニー α7R II & α7S II パーフェクトガイド (インプレスムック DCM MOOK)



今回は信憑性は低いソースのようですが、以前に信頼性の高いソースより、ソニーのハイエンドEマウント機はピクセル数が抑えられ、高速AF、高速連写、高ISO感度を実現するのカメラになる、という噂が上がっていましたが、それに合った感じの噂ですね。あとやはり信頼性の高い噂としてFE 100-400mm Gの噂が上がっていましたが、それとも合っているので、この話はなんだか本当に思えてきますね。まあ、逆に今までの噂をベースに少し情報を付けたしたようにも感じるのでなんともな気もしますけどね。なんにせよ、いまのフルサイズEマウント機にはこうした高速連写モデルが無いので、キヤノニコの一眼レフ機と戦うには必ず登場するだろうカメラですよね。驚くようなスペックで登場するのを期待したいですねえ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+