• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

フォクトレンダーのソニーEマウント用レンズ3本が開発発表 – デジカメ Watch

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1045450.html


デジカメ Watchに、フォクトレンダーのソニーEマウント用新レンズ「MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount」「NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount」「NOKTON classic 35mm F1.4 E-mount」発表のニュースが掲載されています。


  • コシナは2月23日、フォクトレンダーのソニーEマウント用レンズ3本を開発発表。
  • 発売時期と価格はすべて未定。
  • いずれもCP+2017に参考出品。マクロアポランター65mmとノクトン40mmは会場で実機を手に取れる。
  • 3本に共通の特徴として、距離エンコーダーを内蔵。Eマウント機で5軸手ブレ補正を利用可能。
  • 光学設計もEマウントカメラの撮像素子に最適化。絞りは1/3ステップの10枚羽根。

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount

  • フォクトレンダー最高性能を持つAPO-LANTHAR(アポ ランター)銘を関する製品。
  • 開放F2は35mmフルサイズ対応のマクロレンズとして最も明るく、ポートレート用にも適する。
  • 最大撮影倍率1:2。最短撮影距離31cm。
  • フォトキナ2016で参考出品したものから一部仕様や外装デザインが変わっている。

NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount

NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount

  • フルサイズ対応の標準大口径レンズ。
  • 動画撮影を意識し、絞りクリックをオフにできる機構を備える。
  • 最短撮影距離40cm。

NOKTON classic 35mm F1.4 E-mount

NOKTON classic 35mm F1.4 E-mount

  • フルサイズ対応の準広角大口径レンズ。
  • レンジファインダーカメラ用のVMマウント版「NOKTON classic 35mm F1.4」をベースに、Eマウントカメラのデジタル撮像素子に最適化させた光学設計。
  • 意図的に収差を適度に残しており、絞り開放ではなだらかで美しいボケ味を演出。
  • 絞り込むと鋭い描写力を発揮。

とのこと



VoightLander 単焦点広角レンズ NOKTON classic 35mm F1.4 MC マルチコーティング



ソニーやツァイス製ではないソニー用の新レンズがもうすぐ発表されるという噂が上がっていましたが、どうやらこのフォクトレンダーの3本だったようですね。フォトキナ2016で開発発表されていたMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalがいよいよ登場しそうですね。あとNOKTON 35mm F1.2とNOKTON classic 40mm F1.4はVMマウントでラインナップされていましたが、NOKTON 40mm F1.2は今までにないスペックですね。そして、NOKTON classic 35mm F1.4はVMマウント版とはデザインがかなり変わりましたね。光学設計は8枚玉ズミクロンを再現したレンズだったわけですが、このEマウント版も同じなんですかね。あとclassicレンズはシングルコートとマルチコートが選べるんですが、このEマウント版はどうなんでしょうかね。しかし、どのレンズもどんな写りをするのか非常に楽しみですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony, Voigtlaender」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+