• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

SONY α6500インタビュー 【前編】 » マップカメラ

http://news.mapcamera.com/maptimes.php?itemid=30384#a6500_02

ソニーα6500

マップカメラ「The Map Times」に、ソニーα6500開発者インタビュー記事が掲載されています。


光学式5軸ボディ内手ブレ補正

  • 手ブレ補正ユニットは、今回APS-C用に新たに開発。
  • ユニット自体の構造は踏襲しているが、APS-C用とフルサイズ用を比べると、イメージセンサーを初め駆動する部分の重量が4倍程度違う。
  • APS-Cセンサーはフルサイズの約半分だが、駆動部分の質量は圧倒的に小さい。
  • そのままα7IIの補正機構技術を流用するわけにはいかない。
  • 開発側からは、小型化を重視しつつ、最大限の効果を発揮するよう注力した。
  • 最終的に補正段数を5.0段に高めることが出来た。
  • 構造は永久磁石を鉄のフレームの間に挟み込み、電源OFF時でもセンサーが常にフローティングしている状態になっているのが特長。
  • 少しの電力を流すだけで動かすことができ、バッテリー消費も最小限に抑えている。
  • α6300のシャッターユニットと同じ厚さ方向のサイズの中に、手ブレ補正機構を組み込んでいる。
  • α6500はシャッター幕の部分をとても薄く作っている。
  • α6500のためにチャージ機構とシャッターユニットを新たに作り直している。
  • α6500のシャッター機構は薄くしてあるだけではなくより進化させている。
  • シャッターの後幕の駆動が完了する前にブレーキ機構を追加。
  • さらにシャッターとシャーシの間に弾性のある部材を挟むことで、振動伝達を軽減。
  • センサーの解像力と、Eマウントレンズ 群の解像力をより発揮しやすい仕様。
  • 低振動化でシャッターユニットの耐久回数20万回(電子先幕シャッター時)も達成。

とのこと



ソニー デジタル一眼カメラ ボディのみ ILCE-6500



α6500の手ブレ補正ユニットは新規開発したんですねえ。写真で見るとサイズ差が思った以上にありますね。まあ、センサーサイズの違いから考えると当たり前かもですが。そしてα6500は5.0段で、α7IIシリーズが4.5段なので、小型化以外に補正性能もアップもしているんですね。さらに、シャッターユニットがα6300とは別物だったんですねえ。解像力アップにもつながってるのかあ。あと、記事には連写性能やタッチ操作、4K撮影のオーバーヒート対策、防塵防滴性能の話も掲載されており、α6500の進化っぷりがよくわかります。気になる方はご覧になってみてください。しかし、α6500よさそうですねえ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+