• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Sony: “2016 will be more impressive than 2015”. And they will not give up A-mount: “It is a promise to our customers” | sonyalpharumors

http://www.sonyalpharumors.com/sony-2016-will-be-more-impressive-than-2015-and-they-will-not-give-up-a-mount-it-is-a-promise-to-our-customers/

ソニーが今年中にα7R IIを超えるカメラを発表する!?

sonyalpharumorsに、Focus Numeriqueのソニー・マネージャーYutaka Iwatsuki氏へのインタビューが掲載されています。

→CP+ 16 – Sony : entretien avec Yutaka Iwatsuki


どのように写真撮影の未来を見ているか:

  • 静止画と動画の世界が近づき続けるだろう。
  • ソニーは、ダイナミックレンジと高感度性能を改善していく。

タッチスクリーン:

  • タッチスクリーンを追加するのは、まだソニーの優先順位は高くない。
  • ソニーは最初に他の “箇所”を改善したいと考えている。

α6300が、ボディ内手ブレ補正を持っていない理由:

  • ソニーはコンパクトにα6300を作りたかった。手ブレ補正はボディが大きくなる。

2016年:

  • 2015年の最重要点はα7R IIだった。Yutaka氏は「しかし、2016年はさらに素晴らしくなる。」と追加した。

Aマウント:

  • Yutaka氏はAマウントを維持するには、2つの理由があると言った。
  • 最初に、AマウントはEマウントより特定の利点を持っており、今のところAマウントとEマウントで、すべて同じ機能を持つことはできない。
  • 第二の理由は、「私たちは多くの顧客を持っているでの、あきらめることができない。それはお客様との約束だ。」


とのこと



SONY ミラーレス一眼 α7R II ボディ ILCE-7RM2



α7R IIよりも更に上となると、後継機のα7R IIIにはまだ早いと思いますので、上位機種のα9あたりがですかねえ。ソニーは革命的なハイエンドカメラを隠しているという噂もあるりますからねえ。しかし、Aマウントを継続するようなコメントもしていますが、α99IIは開発中なのでしょうかね。ずいぶん前からAマウントは続けるというコメントを出していますので、これでα99II出さなかったらAマウントユーザーは納得しない気はするなあ。もしくはAマウントとEマウントのハイブリット機は…ないかなあ。ソニーがEマウント製品の発表イベントを行うという噂も出ているので、期待したいですねえ。あと個人的にはα6300には、タッチスクリーンとボディ内手ぶれ補正を付けて欲しかったなあ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+