• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

ソニー、4K動画出力に対応した「α7S」を海外発表
有効1,220万画素・拡張ISO409600対応/p>

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140407_643096.html

sonya7S

・ソニーは4月7日、米ラスベガスで開幕した国際放送機器展NAB2014にて、Eマウント機「α7S」を発表した。 ・静止画撮影が可能だが、非圧縮の4K動画出力に対応するなど、4K制作機材のひとつとして紹介されている。 ・海外での発売時期と価格は未定。国内での発売に関するアナウンスもまだない。 ・35mmフルサイズ相当、有効1,220万画素のExmor CMOSセンサーを採用するEマウント機。 ・高感度・低ノイズ。設定可能な感度は常用ISO100-102400、拡張ISO50-409600(「α7R、α7の最高感度は拡張ISO51200) ・外観は発売済みのα7R/α7と同様。BIONZ X、ファストインテリジェントAF、XGA有機ELパネル採用のEVF、Wi-Fi機能、NFC、PlayMemories Camera Appsも引き続き搭載。

かねてより噂のあったα7sですが「S」は感度を意味するSensitivity(センシビティ)とのことでしたね。ニコン D4SもISO409600だったりしますが、α7Sは低解像度な1,220万画素センサー( D4Sは1661万画素)を使うことで4Kムービー記録への最適化がなされいるようです。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+