• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」用の「RF50mm F1.2L USM」「RF28-70mm F2L USM」「コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R」が予想を上回る注文で生産が間に合わない模様。キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R」用の「RF50mm F1.2L USM」「RF28-70mm F2L USM」「コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R」が予想を上回る注文で生産が間に合わない模様。(931views)
  2. ニコンはZマウントには中判センサーを搭載する計画は無い模様。ニコンはZマウントには中判センサーを搭載する計画は無い模様。(564views)
  3. 富士フイルムX-T3のセンサーはサムスン製!?ペンタックスやパナソニックにもセンサーを供給する!?富士フイルムX-T3のセンサーはサムスン製!?ペンタックスやパナソニックにもセンサーを供給する!?(301views)
  4. パナソニックのフルサイズミラーレスには、有機センサーもマルチアスペクトセンサーも搭載されない!?パナソニックのフルサイズミラーレスには、有機センサーもマルチアスペクトセンサーも搭載されない!?(238views)
  5. ソニーがもうすぐ「FE 24mm F1.4 GM」を発表する!?ソニーがもうすぐ「FE 24mm F1.4 GM」を発表する!?(183views)
  6. ライカSL レビュー「フォーカスは速いが、ソニー最新のα7R IIやα7S IIには明らかに及ばない。」ライカSL レビュー「フォーカスは速いが、ソニー最新のα7R IIやα7S IIには明らかに及ばない。」(173views)
  7. シグマの「28mm F1.4 DG HSM | Art」「40mm F1.4 DG HSM | Art」「70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports」「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports」「56mm F1.4 DC DN | Contemporary」のリーク画像が登場。近日中に発表される模様。シグマの「28mm F1.4 DG HSM | Art」「40mm F1.4 DG HSM | Art」「70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports」「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports」「56mm F1.4 DC DN | Contemporary」のリーク画像が登場。近日中に発表される模様。(157views)
  8. ソニーがα7IIIより下で価格1500ドルのフルサイズEマウントのエントリー機を発表する!?ソニーがα7IIIより下で価格1500ドルのフルサイズEマウントのエントリー機を発表する!?(135views)
  9. ソニーが9月18日に新製品発表を行う!?「FE 24mm F1.4 GM」と「FE 135mm F1.8 GM」の可能大!?ソニーが9月18日に新製品発表を行う!?「FE 24mm F1.4 GM」と「FE 135mm F1.8 GM」の可能大!?(129views)
  10. 富士フイルムGFX 50Rのスケッチ画と、GFX 50S、X-T3、X-E3、Hasselblad X1Dのボディ比較。富士フイルムGFX 50Rのスケッチ画と、GFX 50S、X-T3、X-E3、Hasselblad X1Dのボディ比較。(107views)

TECHART、ライカMレンズでAF撮影できるマウントアダプターを発表 – デジカメ Watch

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20160212_743270.html

デジカメ Watchに、α7でMマウントのマニュアルレンズをAF可能するTECHARTのマウントアダプターが紹介されています。

中国Techartは2月11日、「Techart PRO Autofocus adapter」を発表。
希望小売価格は349米ドル。3月に発売。日本での発売に関する情報はまだない。


  • 世界初という、MFレンズをAF動作させるマウントアダプター。
  • MFのライカMレンズをソニーα7 IIおよびα7R IIのAFシステムでAF撮影可能。
  • AF-SとAF-Cに両対応。
  • アダプターのMマウントバヨネットを伸縮させてレンズ鏡筒自体を前後させ、フォーカシングを行う。
  • 基本的な仕組みは、同社が先に発売しているコンタックスGレンズ向けのAFアダプター(コンタックスG→ソニーE)と同様だという。
  • 伸縮の幅は4.5mm。
  • 同アダプターは700gのレンズまで駆動可能。
  • ライカMレンズに限らず、アダプターを重ねてライカR、ヤシカコンタックス、ペンタックスK、ミノルタMDといったマウントのレンズも使えるとしている。
  • iOS/AndroidアプリとのBluetooth接続で、10本までのレンズデータの記録や、ファームウェアアップデートが可能。
  • 外形寸法は80×20mm。重量は133g。

とのこと



Hands-on testing with Leica Summilux-M 35mm f/1.4 and Techart PRO



Hands-on Test of Techart PRO Leica M to Sony E Autofocus Adapter Part 2



前にsonyalpharumorsに掲載されていた、α7でMマウントのマニュアルレンズがAF可能するアダプターですが、ついに発売されるようですね。しかし、これレンズごと動かすんですよね。ある意味スゴいですよねえ。これちょっと使ってみたいなあ。あと、像面位相差AF対応のFマウントアダプターも出てましたが、アッチはまだ発売されてないのかなあ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「Leica」カテゴリの最新記事

Leica, Sony, Voigtlaender」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+