• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

Sony 遮光不要の像面位相差AFの特許:エンジニアの嗜み:So-netブログ

http://egami.blog.so-net.ne.jp/2015-09-14

ソニーが遮光不要で高感度強い像面位相差AFを開発中!?

エンジニアの嗜みさんに、ソニーの画素の遮光を不要とし高感度に強くした像面位相差AFの特許の話が掲載。


  • ソニーがマイクロレンズの形状を工夫して画素の遮光を不要とし高感度に強くした像面位相差AFの特許を出願中。
  • ミラーレスの像面位相差AFは画素の半分を遮光するので、高感度に弱くなってしまうことが欠点。
  • 低照度ではコントラストAFに切り替えるメーカーもある。
  • 他にも理由はあるだろうが、高感度が苦手であることは本当だろう。
  • ソニーの特許申請は、マイクロレンズの形状を工夫することで、画素の遮光を行わなくても瞳分割と同等の機能が可能になる。
  • 画素が遮光されていないので高感度に弱くならない。
  • 最近の一眼レフはEVがマイナスになる低照度でも位相差AFを使えることをアピールしている。
  • ミラーレスの像面位相差AFはそのような低照度では実用的ではなくなってしまう。
  • しかし、いずれ一眼レフと同等の低照度AFを実現するようになるのかもしれない。

とのこと



SONY ミラーレス一眼 α7R II ボディ ILCE-7RM2



たしかに、暗所AFにはミラーレスの像面位相差は弱いですからねえ。この技術はぜひ実現して欲しいところですねえ。しかし、この技術によってミラーレスの像面位相差が暗所にも強くなったら、ますます一眼レフの強みが無くなっていくなあ…。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Sony」カテゴリの最新記事

Sony」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+