• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

Encuentro con Mr. Kazuto Yamaki, CEO de Sigma

http://www.dslrmagazine.com/digital/tecnicas-de-fotografia-digital/encuentro-con-mr.-kazuto-yamaki-ceo-de-sigma.html

シグマ山木社長がフルサイズ用「18-35mm F1.8 DC HSM」を検討中と明言。

DSLR MAGAZINE のシグマ山木社長のインタビューのまとめを各サイトが掲載しています。
翻訳はデジカメinfoさんより。 


Mirrorless Rumors
http://www.mirrorlessrumors.com/sigma-interview-mirrorless-is-growing-and-we-will-make-more-lenses-for-it
  • シネマレンズ市場にシグマの参入する余地があるかどうか調査を行っている。
  • APS-C用の18-35mm F1.8のような、フルサイズでF1.8のズームを開発できるか検討している。
  • このレンズの問題は道理にかなったサイズを維持すること。
  • ミラーレスが成長することを確信しており、その分野の製品(DNシリーズ)を拡張するつもりだ。
  • Eマウントはマウント径があまり大きくないため、ソニーFEシステム用のARTレンズを造るのは少々難しい。
  • ソニーがどうして、(Eマウントを)このようにしたのかは分からない。
  • おそらく、Eマウントは当初はAPS-C用で、その後フルサイズ用にも使用したのが理由だろう。
  • 我々は、キヤノンとソニーがFoveonと同じような技術を開発しているのは承知している。
  • 我々の現行のAPS-Cセンサーは、中判フォーマットのセンサーのクオリティに匹敵している。
  • より大きな中判フォーマットのFoveonセンサーの開発も問題はないだろう。しかし、中判の市場は縮小している。
  • もし、レンズ交換式のミラーレスカメラを出すなら、今後、このシステムをサポートできるという確信がなければならない。
  • シグマはCES2月のCP+でPRO向け製品を発表する予定。


SigmaRumors
http://sigma-rumors.com/2014/10/kazuto-yamaki-medium-format-foveon-sensor/
  • ほとんどの現行の非グローバル・ヴィジョンのレンズは、再設計されたArt・Contemporary・Sportsシリーズのレンズに置き換えられる。
  • 良い24-70mmの設計は非常に難しいが、大口径の24-70mmも除外はしない。我々は常に挑戦に応じる。
  • EOSマウントのレンズの製造は容易で、ニコンとペンタックスマウントは、より多くの機械的な調整が必要。
  • これが通常EOSマウント版のレンズが、最初に発売される理由。
  • 50mm F1.4 Art は非常に大きな成功を収めている。

とのこと



SIGMA 標準ズームレンズ 18-35mm F1.8 DC HSM キヤノン用 APS-C専用



フルサイズ用「18-35mm F1.8 DC HSM」くるのかー!もし開発に成功したらまた新たな神レンズの登場かもしれませんね。そして、フルサイズEマウント用のARTレンズはちょっと厳しそうですね。50mm F1.4 DG HSM Artを期待していたんですが残念です。ただミラーレス分野には力を入れていくようなので、望みはあるかもですね。
そしてキヤノンとソニーの積層センサーに言及してますね、両社とも積層センサーの特許をいくつ取得していますが、やはり意識はしているんですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「SIGMA」カテゴリの最新記事

SIGMA」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+