• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

価格以上の価値がある。「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」レヴュー

http://www.gizmodo.jp/2014/04/_50mm_f14.html

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM

前に紹介したカールツァイスの「Otus 55mm F/1.4」と「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」を比較記事の日本語版がギズモードさんに掲載されています。
 
これ「Otus 55mm F/1.4」と「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」の比較記事というよりは、「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」メインのレビュー記事だったんですねえ…。
 
以下、記事抜粋。
 
・絞りを開放では、ツァイスの方が中心にかけてシャープ。
・シグマの方がケラレは少なく、四角(コーナー部分)はツァイスよりも若干シャープ。
・F1.4の絞り値だとツァイスの方がシャープ。
・F5.6くらいまで絞るとほとんど違いがわからなくなるが、シグマの方が微妙にシャープ。
 
●好きなところ
・極めてシャープ。
・とにかく精細。画質最高。
・オートフォーカスは良い感じ
・デザインも美しい
・何より価格が安い。
 
●好きではないところ
・Otusレンズより小さくて軽いがメインレンズとしてはまだ重い。
・フォーカスリングはハードストップが無いためにずっと回転し続ける。
 
F2まで開いても、画質は非常にシャープで歪みも少なくケラレもほとんど出ない。
オートフォーカスは速くて正確、焦点距離は46センチでぴったり、手に持った感じもとてもしっくり来て素晴らしい。
50mmの単焦点レンズで画質にこだわるならば、このシグマのレンズは正しい選択。
文句があるとすれば、フォーカスリングがハードストップしないくらいかな、大した問題じゃない。
Otusレンズはマニュアルのみで、シグマはオートフォーカス、そしてサイズもコンパクト
。Otusレンズを選ぶ理由が無い。

 
 
ちなみに記事中には「フード別売り」と記載がある(2014/04/17現在)んですが、間違いのようでフードは付属するそうです。シグマの山木社長本人がおっしゃってます(笑
 
 
記事の最後の方に「カールツァイスの40万のレンズは決して買う必要はありません。」って…言い切ったな~(笑 まあ、たしかに約4倍の値段差は大きいですよね。
 
ただ、このレビューは解像性能の比較がメインなので、ボケ具合などの「レンズの味」がどのように異なるのかが気になりますね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「SIGMA」カテゴリの最新記事

SIGMA」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+