• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

Photo of the Day もう1本の大きくて重い50mmレンズ

http://thisistanaka.blog66.fc2.com/entry/852/

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM(5D mark II)

写真家の田中希美男氏が自身のブログでZEISS Otus 1.4/55(D800Eに装着)のピント合わせの話をしています。

  • ZEISS Otus 1.4/55と一緒に使っていたSIGMA 50mm F1.4 DG HSMの素晴らしさの話をする。
  • ここ数年、性能の良いレンズがつぎつぎと発売されている。
  • なにか技術的なブレークスルーがあったのか、と思うほど。
  • シグマのF1.4の50mmレンズは、5~6年前に「50mmF1.4 EX DG HSM」が発売されていたが、この新しい50mm「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」はその旧レンズの後継機種。
  • シグマには、50mmF1.4、35mmF1.4、85mmF1.4の3本の「F1.4レンズ」がある。
  • 「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」は、Artラインとしてモデルチェンジした。
  • 35mmは発表されたときがちょうど「プロダクトライン構想」がスタートしたとき。
  • その第一弾のプロダクトラインの1つArtラインレンズとして35mmF1.4が出た。
  • 3本のF1.4レンズのうち、いま、旧タイプのまま残っているのは85mmF1.4。
  • だから早晩、Artラインの新85mmF1.4としてモデルチェンジされる。
  • 旧型50mmF1.4のあとに、現行85mmF1.4が出てきたが、比べると文句なしに85mmの描写のほうが良かった。
  • 旧50mmは発売当時は充分に満足できる描写レベルだったが、85mmが出たとたん「見劣り」してしまった。
  • さらにArtライン35mmF1.4が発売されて、ますます旧50mmF1.4の影が薄くなってしまった。
  • 今回の50mmF1.4がArtラインレンズとしてあたらしく「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」となって出てきたのは当然だといえる。
  • 旧型50mmF1.4は色収差(軸上も倍率も)が少し目立っていたし、逆光でのフレアも気になった。
  • 新型「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」はそうした旧型の欠点をすっかりなくし、素晴らしい描写性能のレンズ。
  • ただし、旧型に比べると相当に大きく重い。
  • ZEISS Otus 1.4/55レンズと両方を持って重さ大きさを比べると「いい勝負「との印象。
  • 大きく重いレンズは良いレンズであるための条件。
  • 新型「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」はその例にもれず優れた描写性能を持っていた。

とのこと



SIGMA 単焦点標準レンズ Art 50mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応 311544

SIGMA 単焦点標準レンズ Art 50mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応 311544



やはり「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」は「ZEISS Otus 1.4/55」と比較しても、見劣りしないほどの優れたレンズのようですね。
「大きく重いレンズは良いレンズであるための条件」とのことですが、確かにそうなんですよね、良いレンズほど、まるで大きなガラスの塊を持ってるような感じなんですよねえ。
しかし、「なにか技術的なブレークスルーがあった」と思えるほど、ここ数年のレンズ性能は飛躍的に向上してるってことかあ。
できれば、「大きくて重い」はやっぱり使うの大変なんで、「小さくて軽い」でも優れた描写性能を持てるような技術のブレークスルーが起きてほしいなあ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「SIGMA」カテゴリの最新記事

SIGMA」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+