• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

リコーの全天周カメラTHETA(シータ)が高解像度化&暗闇に強くなって最強に:IFA 2015 – 週刊アスキー

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/369/369052/

RICOH THETA S

週刊アスキーに「THETA S」発表の記事が掲載されています。


  • シリーズ最新機種の「THETA S」がドイツで開催中のIFA 2015で発表。
  • 最大の特徴は“高画質化”。
  • 撮像素子に有効画素数12メガピクセルのCMOSを2個搭載。
  • これまでの2倍以上、14メガピクセルに相当する、5376×2688ドットの全天周写真を撮影可能。
  • F2.0という明るいレンズと、画像技術の進化により、暗い場面でも高画質な全天周写真を楽しめる。
  • 動画は、フルHD相当30fpsで最大25分間録画可能。
  • 前機種「THETA m15」の最大5分の5倍。
  • スマホで“ライブビュー”が可能。
  • スマホにアプリを入れることで、リアルタイムに見ることが可能。
  • カラーはブラックのみ。
  • 発売は2015年10月下旬予定。
  • 価格はオープン。
  • 予想実売4万2800円前後。

とのこと



RICOH デジタルカメラ RICOH THETA m15 ホワイト 360°全天球イメージ撮影デバイス 0910700



というわけで噂通り、「THETA S」発表されましたね。
画素数アップや暗所性能アップも良いですが、スマホで“ライブビュー”が可能な点もいいですねえ。
個人的には色もブラックで洗練された雰囲気あって良いですし、「THETA S」いいかもなあ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「RICOH」カテゴリの最新記事

リコー防水・耐衝撃のタフネスカメラ「WG-50」 リコーの防水・耐衝撃のタフネスカメラ「WG-50」の画像と発表日のリーク情報。
PENTAX Q用望遠マクロ「09 TELEPHOTO MACRO」 未発売のPENTAX Q用望遠マクロ「09 TELEPHOTO MACRO(smc PENTAX MACRO 20mmF2.8)」のレビュー。「Q用レンズで描写性能は文句なしのトップレンズ。」
PENTAX Q用望遠マクロ「09 TELEPHOTO MACRO」 未発売のPENTAX Q用望遠マクロ「09 TELEPHOTO MACRO(smc PENTAX MACRO 20mmF2.8)」のレビュー。
PENTAX K-1 Limited Silvers(Silver Special Edition) PENTAX K-1 Limited Silvers(Silver Special Edition)が2017年中に発表される!?
リコー タフネスカメラ「WG-50」 リコーがタフネスカメラ「WG-50」を近日中に発表する模様。
PENTAX Q用望遠マクロ「09 TELEPHOTO MACRO」 PENTAX Q用望遠マクロ「09 TELEPHOTO MACRO」の画像が登場。PENTAX Qシリーズは今後も続く!?
RICOH THETA 4K リコーが4K対応THETAの開発を発表。
リコー GRの時期モデル(GR III?)は製品化に近いところまで進んでいる模様。 リコー GRの時期モデル(GR III?)は製品化に近いところまで進んでいる模様。
リコーイメージング リコーが個人向けカメラ事業から撤退と報道されるも完全否定。製品ラインアップを絞り込み、PENTAXやGRなど高付加価値製品にリソースを集中する模様。
富士フイルム GFX 50S vs PENTAX 645Z。サイズ比較。 富士フイルム GFX 50S vs PENTAX 645Z!中判センサー高感度画質対決。
PENTAX KPレビュー PENTAX KPレビュー「さまざまな性能を総合してみると、現時点ではペンタックスのAPS-Cクラスのフラッグシップ機と言ってしまっていいカメラだという印象。」
PENTAX KPレビュー PENTAX KPレビュー「てんこ盛りとも言える機能・性能の価格は13万円台。これはまず間違いなくお買い得というより、大サービス価格。」

RICOH」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+