• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

Ricoh 7.5-120mm F1.6-1.9 DOE(1/1.7")の特許:エンジニアの嗜み:So-netブログ

http://egami.blog.so-net.ne.jp/2015-02-24

ペンタックスQ用レンズ 7.5-120mm F1.6-1.9 DOE(換算35-560mm)を開発中!?

エンジニアの嗜みさんに、リコーの7.5-120mm F1.6-1.9の特許の話が掲載。


  • リコーが7.5-120mm F1.6-1.9の特許を出願中。
  • 1/1.7″の撮像素子に対応する換算35-560mm程度の約16倍ズームレンズ。
  • 回折光学素子(DOE)を使用することで小型化を実現。
  • 特許申請の光学系のスペックは7.5-120mm F1.6-1.9で、約16倍の光学ズーム。
  • 1/1.7″の撮像素子に対応し、ライカ判換算で約35-560mm。
  • F値の変化が少ないので、通しのF1.8を名乗っても良いかもしれない。
  • 光学系全長は単純計算で135mm程か?
  • バックフォーカスが10mm以上あるのでレンズ一体式の高倍率ズーム機ではない、
  • ペンタックスQ用の高倍率ズームレンズを想定しているのかもしれない。

とのこと



PENTAX ミラーレス一眼 Q レンズキット ブラック PENTAXQLKBK



換算35-560mmとはかなりの高倍率っぷりですねえ。しかも、テレ端560mmでF1.9とはスゴいかも。これは発売が楽しみなレンズですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「PENTAX」カテゴリの最新記事

リコーイメージング リコー、THETA好調ながらも個人向けカメラ事業は営業赤字の模様。
PENTAX Q用望遠マクロ「09 TELEPHOTO MACRO」 未発売のPENTAX Q用望遠マクロ「09 TELEPHOTO MACRO(smc PENTAX MACRO 20mmF2.8)」のレビュー。「Q用レンズで描写性能は文句なしのトップレンズ。」
PENTAX Q用望遠マクロ「09 TELEPHOTO MACRO」 未発売のPENTAX Q用望遠マクロ「09 TELEPHOTO MACRO(smc PENTAX MACRO 20mmF2.8)」のレビュー。
PENTAX K-1 Limited Silvers(Silver Special Edition) PENTAX K-1 Limited Silvers(Silver Special Edition)が2017年中に発表される!?
PENTAX Q用望遠マクロ「09 TELEPHOTO MACRO」 PENTAX Q用望遠マクロ「09 TELEPHOTO MACRO」の画像が登場。PENTAX Qシリーズは今後も続く!?
リコー GRの時期モデル(GR III?)は製品化に近いところまで進んでいる模様。 リコー GRの時期モデル(GR III?)は製品化に近いところまで進んでいる模様。
リコーイメージング リコーが個人向けカメラ事業から撤退と報道されるも完全否定。製品ラインアップを絞り込み、PENTAXやGRなど高付加価値製品にリソースを集中する模様。
富士フイルム GFX 50S vs PENTAX 645Z。サイズ比較。 富士フイルム GFX 50S vs PENTAX 645Z!中判センサー高感度画質対決。
PENTAX KPレビュー PENTAX KPレビュー「さまざまな性能を総合してみると、現時点ではペンタックスのAPS-Cクラスのフラッグシップ機と言ってしまっていいカメラだという印象。」
PENTAX KPレビュー PENTAX KPレビュー「てんこ盛りとも言える機能・性能の価格は13万円台。これはまず間違いなくお買い得というより、大サービス価格。」
PENTAX KP vs ニコンD500!ISO819200対決。 PENTAX KP vs ニコンD500!ISO819200対決。
LAOWA 12mm f/2.8 ZERO-D 「LAOWA 12mm f/2.8 ZERO-D」が国内で一般販売開始。

PENTAX」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+