• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

「ファインシャープネス」徹底研究(PENTAX K-3)デジカメ Watch

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/minirepo/20140417_644695.html

K-3

デジカメ WatchにPENTAX K-3のファインシャープネスについてのレビューが掲載されています。
 
 
K-3の画質はK-5 IIsと較べてシャープさに欠けると言われる。シャープネスは設定でかなり変えることができる。

ファインシャープネスを強くするとピントが来ている部分は切れ込みが鋭くなる。前後の微妙なボケが目立たなくなり、視覚的なコントラストも高くなり、見かけ上のピントが深く感じられる。

もともとK-3は一般的なAPS-C機の水準と較べて微小ボケの領域が柔らかく、ボケが大きいかのように見える。ボケの繋がりが良い。エッジ強調が強過ぎるとボケのよさ生かされず、どんな名レンズをつけてもあまり意味がない。

K-3はシャープネスの調整で画質を大きく変えることができ、ローパスセレクターとも組み合わせれば、1台のカメラで幅広い表現が可能。

ほー、他のAPS-C機に比べて良いボケの描写をするカメラだったんですねえ。K3はローパスレスなのでてっきりカリカリな画が特徴なのかと思ってました。

もちろん、今回レビューしてるファインシャープネスやローパスセレクター(ローパスフィルターのON/OFF機能)を使えばでそこらへんの調整はできるので、やわらかい描写からエッジのきいた画までユーザーの好みに合わせた画作りが可能ってことですね。

僕は少しの間K-3を借りて使ってた事あるんですが、シャープネスの高い写真が好きなのでローパスOFFでシャープネス上げまくってカリッカリにした画作りをしていました…、K-3の特徴をあんま生かせてなかったんだなあ(笑
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「PENTAX」カテゴリの最新記事

PENTAX」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+