• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

開放F1.2が描き出す、上質で近代的な世界――パナソニック「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2」

http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1404/25/news030.html

LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2

ITmediaデジカメプラスにLEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2のレビューが掲載されています。

AF付きm4/3用レンズとしては最も明るい開放F値 F1.2を達成し、なおかつ手ブレ補正付きの注目製品。開放から使っていけるシャープさとクセのないボケ味は、さまざまなシーンを上質に描き出す。

モデル、スナップ、風景にと明るさとシャープさ、そしてボケ味の良さを求めるマイクロフォーサーズユーザーなら使ってみたい一本に仕上がっている。

●特徴
・AF対応m4/3用レンズでは最も明るい開放F値 F1.2
・光学式手ブレ補正付き
・ライカブランド
・最短撮影距離50センチ
・ナノサーフェースコーティング

●質感・操作感
・アルミ削り出しの鏡筒は剛性感が高く質感も最高。
・重厚で高級感あふれるレンズフード。遮光性も高い。
・絞りリングは若干クリック感が軽めだか操作感は心地よい。
・絞り操作時にAマークに入ってしまうことがある。

●写り
・ミラーレス用中望遠としては最上の写り。
・F1.2絞り開放から使用できるシャープさ
・美しく自然に拡散されていくようなボケ味
・クセのない上質なボケ味だが、悪く言えばそっけないボケ。
・逆光にも強いコーティング
・繊細で克明な写り
・イヤなゴーストの発生も特にない
・点光源などのボケ味もニュートラル
・クルマのメタリックな質感から、壁の質感までしっかり描写。
・春の夕方の淡い色合いもイメージ通りの再現。

●使用したDMC-GX7との相性
DMC-GX7使用時に若干レンズ重量を感じる。
DMC-GX7のピンポイントAFとこのレンズの相性は抜群。


とのこと。

XマウントのXF56mmF1.2 Rといい、最近F1.2が熱いなあ。
35mm換算で85mmですから、まさにポートレイトに適したレンズですね。手ブレ補正付きなのも心強いです。写りは「ミラーレス用中望遠としては最上」ということですが、値段も\200,000(実売で15万)と最上だからなあ^^;

同じ画角だとフォクトレンダーのNOKTON 42.5mm F0.95という驚異的に明るいレンズもありますが、手ブレ補正はもちろんMFだったりするので、使いやすさという点ではこのNOCTICRON 42.5mm/F1.2の方が上でしょうね。一度使ってみたいレンズですね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「Panasonic」カテゴリの最新記事

Panasonic」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+