• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング
  1. キヤノン「RF70-200mm F2.8 L IS USM」と「EF70-200mm F2.8L IS II USM」の大きさ比較。かなりコンパクトな模様キヤノン「RF70-200mm F2.8 L IS USM」と「EF70-200mm F2.8L IS II USM」の大きさ比較。かなりコンパクトな模様(3637views)
  2. キヤノンが「EOS RP」を正式発表。フルサイズミラーレスの小型軽量で手頃な価格のカジュアルモデル。5000台限定のゴールドカラーも発売。キヤノンが「EOS RP」を正式発表。フルサイズミラーレスの小型軽量で手頃な価格のカジュアルモデル。5000台限定のゴールドカラーも発売。(1371views)
  3. キヤノンがEOS Rにてボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正をシンクロする「All Optical IS」を開発している模様。キヤノンがEOS Rにてボディ内手ブレ補正とレンズ側手ブレ補正をシンクロする「All Optical IS」を開発している模様。(1209views)
  4. オリンパスのPEN-Fが日本の販売店でディスコンになっている!?オリンパスのPEN-Fが日本の販売店でディスコンになっている!?(1182views)
  5. タムロンがフルサイズEマウント用F2.8通し広角ズーム「17-28mm F/2.8 Di III RXD」を発表する!?タムロンがフルサイズEマウント用F2.8通し広角ズーム「17-28mm F/2.8 Di III RXD」を発表する!?(1121views)
  6. キヤノンの今後の新製品の噂&予想【2019年2月】高画素EOS Rや「RF100-400 F3.5-5.6L IS USM」「RF50mm F1.8 IS STM」「RF24mm F1.4L USM」など。キヤノンの今後の新製品の噂&予想【2019年2月】高画素EOS Rや「RF100-400 F3.5-5.6L IS USM」「RF50mm F1.8 IS STM」「RF24mm F1.4L USM」など。(1101views)
  7. キヤノン「EOS RP」の後付けグリップ「EG-E1」を装着したリーク画像。また、キットレンズは「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」になる模様。キヤノン「EOS RP」の後付けグリップ「EG-E1」を装着したリーク画像。また、キットレンズは「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」になる模様。(965views)
  8. タムロンの「28-75mm F/2.8 di III RXD (Model A036)」は、生産数を5倍以上にアップして生産しているが、いまだ生産が間に合っていない模様。タムロンの「28-75mm F/2.8 di III RXD (Model A036)」は、生産数を5倍以上にアップして生産しているが、いまだ生産が間に合っていない模様。(931views)
  9. パナソニックが「LUMIX FZ1000 II」「LUMIX TZ95」を近日中に発表する模様。スペックのリーク情報も。パナソニックが「LUMIX FZ1000 II」「LUMIX TZ95」を近日中に発表する模様。スペックのリーク情報も。(908views)
  10. タムロンが一眼レフ用「SP 35mm F/1.4 USD」と「35-150mm F/2.8-4 VC USD」を発表する!?SP 35mm F/1.4は史上最高の35mmを目指したレンズになる!?タムロンが一眼レフ用「SP 35mm F/1.4 USD」と「35-150mm F/2.8-4 VC USD」を発表する!?SP 35mm F/1.4は史上最高の35mmを目指したレンズになる!?(907views)

(FT5) Panasonic will launch new DFD2 with Artificial Intelligence....likely with the new Panasonic Full Frame camera! - 43 Rumors

https://www.43rumors.com/ft5-panasonic-will-launch-new-dfd2-with-artificial-intelligence-likely-with-the-new-panasonic-full-frame-camera/

パナソニックの人工知能を作った空間認識AF

43 Rumorsに、パナソニックの人工知能を作った空間認識AFの噂が掲載されています。


  • 信頼できるソースは、人工知能を備えた新世代のDFD2オートフォーカス技術についていくつかの情報を与えてくれた。
  • 「パナソニックは近い将来、像面位相差AFピクセルをセンサーに使用しない。」
  • 「代わりに彼らはAIでのDFD2に取り組んでいる。」
  • 「カメラを「トレーニング」することも可能だ。 来年に登場するだろう。」
  • この情報が正しいことを100%確信している。
  • まだこの機能が新しいパナソニックのフルサイズカメラに搭載されることを100%確信していない。
  • しかし、ソースはカメラにAI機能が搭載される可能性が高いと言った。

とのこと



パナソニック LUMIX G9 PRO 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK)



DFDは空間認識AFでパナソニック独自のAF技術ですが、AIによる学習能力でAF精度を上げる感じですかね。これって前に噂になっていた月額費用がかかるAIとクラウド機能をカメラに搭載するって噂と関係あったりするんですかね。AIの学習データをクラウドに集めて共有しDFDの精度を上げる的な。パナソニックのフルサイズミラーレスは、究極のハイエンドフルサイズ機になるという噂もあるので、こういった高性能な機能が搭載される可能性はあるかもですね。 あと、このDFD2を搭載した場合は像面位相差AFを使わないので、ソニー製ではなく自社製センサーを使うという話になってるって事もあったりすんですかねえ。どうなんだろうか。
CAMEOTA

カメラグッズ・本

「Panasonic」カテゴリの最新記事

Panasonic」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+