• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

東芝、直接ネットにアップロードできる「FlashAir III」海外発表 – デジカメ Watch

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150107_682756.html

FlashAir III

デジカメ Watchに直接ネットに画像などを転送かのうな東芝の第三世代のFlashAirが紹介されています。


  • 東芝が無線LAN機能内蔵SDカード「FlashAir III」をCES2015で発表。
  • 米国では3月に発売。価格は32GBが99.99ドル、16GBが79.99ドル。
  • 国内発売未定。
  • 第三世代のFlashAir。
  • 新たにインターネットパススルー機能を搭載。
  • FlashAirから無線LANルーターを介してインターネットにリアルタイムで画像などを転送可能。
  • ユーザーはパソコンのブラウザなどから瞬時に写真を閲覧できるとする。
  • スピードクラスはClass 10。

とのこと



世界初:東芝、かざすだけで中身を確認できるNFC搭載SDHCメモリカードを発売 – ITmedia デジカメプラス

http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1501/07/news127.html

世界初:東芝、かざすだけで中身を確認できるNFC搭載SDHCメモリカードを発売


世界初:東芝、かざすだけで中身を確認できるNFC搭載SDHCメモリカードを発売

ITmedia デジカメプラスに東芝のかざすだけで中身を確認できるNFC搭載SDHCメモリカード。


  • 東芝が世界初となるNFC(近距離無線通信)機能搭載のSDHCメモリカードを発表。
  • 2月から順次販売。
  • 同製品は、NFCの「かざす」だけでデータのやり取りができる特性を利用したもの。
  • 通常、メモリカードの中身を確認するためにはPCやカメラのスロットに挿入する必要があった。
  • NFC搭載SDHCメモリカードでは専用アプリ「Memory Card Preview」をインストールしたNFC搭載のAndroidスマホをかざすだけでプレビュー可能。
  • プレビューできるカード内情報は、最大16枚までの画像(サムネイルで表示)、空き容量、保存データの種類、撮影開始日と最終撮影日、カード名など。
  • 転送速度はSDスピードクラス Class10。
  • インタフェースはSDインタフェース規格UHS-I、NFC Forum Type 3 Tagに準拠。
  • サイズは24(幅)×2.1(奥行き)×32(高さ)ミリ。重量は約2グラム。
  • 対応端末は、NFCを内蔵しAndroid 4.0以降を搭載したAndroidスマートフォン。
  • 容量は8Gバイト、16Gバイト、32Gバイトの3種類。
  • 価格はオープンだが、店頭予想価格はそれぞれ2000円台半ば、3000円台半ば、6000円台半ば前後。

とのこと



東芝 無線LAN搭載 SDHC FlashAir Class10 32GB SD-R032GR7AL



東芝はネットワーク機能付きのSDカードに力を入れてますねえ。「FlashAir III」はgoogleドライブやdropboxなどのクラウドストレージと組み合わせるとなかなか便利に使えそうな予感。あとNFC搭載SDHCメモリカードの方ですが、データの転送ができるとは書いてないけど、まさかプレビューだけなのかなあ?
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「その他」カテゴリの最新記事

その他」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+