• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

グーグル、撮影後にピント合わせできるカメラのLytroを買収か–VRやARに可能性も – CNET Japan

https://japan.cnet.com/article/35116492/


CNET Japanに、GoogleのLytro買収計画の噂が掲載されています。


  • Lytroは、ライトフィールド技術を利用したカメラで一躍有名になった企業。
  • このカメラは、撮影後にピントを合わせられるカメラの元祖と言える製品
  • その後、同様の技術はカメラのマルチショットモードで採用されている。
  • 今回のLytro買収の可能性は、TechCrunchで報じられた
  • 買収価格が報道のとおり2500万-4000万ドル(約26億~42億円)だとすれば、ライトフィールドやイメージング関連の59件の特許を取得できることを考えれば、Googleにとっては比較的安い買い物。
  • 無限遠の被写界深度情報を記録できる機能は、VRやMRコンテンツの作成に役立つ可能性がある。
  • ただし、今回報道された買収交渉がどこまで進んでいるのか、いつ条件がまとまるのかはわかっていない。
  • この件についてGoogleとLytroにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

とのこと



LYTRO ILLUM



おお、GoogleがLytroを買収するんですかね。Lytroのライトフィールドカメラは登場時かなり話題になったカメラですが、Googleにはカメラ性能をウリにするスマホ「Pixel 2」があったりするので、このライトフィールド技術を積んだPixelに期待してしまいますよね。ただ、カメラ機能というよりはVRなどのコンテンツ作成に生かされる感じなんですかね。ライトフィールド技術を搭載したスマホカメラも出して欲しいなあ。なんにせよ、また何か面白いモノが登場しそうな予感がして楽しみですね。まあ、まだ本当かどうかはなんともですけどね。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「その他」カテゴリの最新記事

その他」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+