• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

GfKジャパン調べ:2015年  家電・IT市場動向(GfKジャパン プレスリリース)

http://www.zaikei.co.jp/releases/327838/

2015年デジカメ市場は、数量前年比24%減の500万台。5年連続でマイナス成長。

財経新聞に、2015年のデジタルカメラ市場の販売動向が掲載されています。

GfKジャパンが、全国の有力家電・IT取扱店の販売実績データ等を基に、2015年の家電およびIT市場の販売動向を発表。


  • 2015年のデジタルカメラ市場は数量前年比24%減の500万台と5年連続でマイナス成長。
  • コンパクトカメラは同27%減の330万台。
  • レンズ交換式カメラはミラーレス、一眼レフ共に二桁減、同17%減の170万台。
  • エントリーモデルの販売が減少する一方、コンパクトカメラやミラーレスで高価格帯モデルの販売伸長が顕著。
  • デジタルカメラの平均価格は前年から11%上昇。
  • 2009年以降拡大基調にあった交換レンズは、レンズ交換式カメラの販売減を受け、前年比3%減の95万本。

とのこと



日本デジタルカメラ産業の生成と発展―グローバリゼーションの展開の中で



2015も売り上げ台数はマイナスだったようですね。まあ、正直カメラってそんなに頻繁に買い換えるモノでもないですしねえ。ただ、台数は減ってますが、平均価格は上昇してるようなので、売り上げ額が気になるところですね。あと、交換レンズ3%減とのことで、レンズは前年度と変わらない程度には売れてるようですね。さすがに、コンデジがバカ売れしてた時代にはもう戻らないとは思いますが、もう少しデジカメ市場が活性化するといいですねえ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「その他」カテゴリの最新記事

その他」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+