• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

ミニレポート:RAWがもう大き過ぎて…でも写りはすごいぞハイレゾショット (OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II) – デジカメ Watch

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/minirepo/20150302_690295.html

オリンパス OM-D E-M5 Mark II レビュー「ハイレゾショットはレンズの性能を引き上げたのと同じ効果が得られる技術」

デジカメ Watchに、OM-D E-M5 Mark IIのハイレゾショットのレビューが掲載されています


  • 生成できる画素数は6,400万画素になるが、ちょうどいいのが4,000万画素とのこと。
  • だから、JPEGが4,000万画素なのであるらしい。
  • 64M RAWから現像した画像を40M JPEG(7,296×5,472ピクセル)に縮小したのと、撮って出しの40M JPEGを見比べる
  • ほんの少しだが、64M RAWから現像したもののほうが少しだけいいような気がする。
  • といっても、気がするレベルの違い。4,000万画素というのがちょうどいい画素数なのだろう。
  • 64M RAWから現像した画像を50%縮小して、それを撮って出しのJPEGと見比べてみる
  • 画素数はどちらも4,608×3,456ピクセル。ハイレゾショットをやったかどうかの違いだけを見ることができる。
  • ハイレゾショットのほうが、解像感がぐっと上がって、まるでワンランク上のレンズに買い替えたかのような写りになってくれる。
  • それと、連写合成がノイズリダクションと同じ効果を発揮してくれているのか、ノイズも少なくなっている。
  • すごくきれいで気持ちがいい。
  • E-M5 Mark IIのハイレゾショットは、レンズの性能をめいっぱい引き出すためのものではない。
  • レンズの性能を引き上げたのと同じ効果が得られる技術という印象。

とのこと



OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII ボディー シルバー E-M5 MarkIIBody SLV



一応、オリンパスとしては、4,000万画素がベストな画素としているようですね。しかし、ハイレゾショットは、レンズ性能を限界まで引き出すんじゃなくて、レンズの性能自体をアップさせる効果があるんですね。三脚は必須になりますが、ハイレゾショットいいですね~。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「OLYMPUS」カテゴリの最新記事

OLYMPUS」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+