• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 全期間ランキング

ミニレポート:Ver.2.0からの新機能「デジタルシフト」を解説 – デジカメ Watch

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/minirepo/20141003_669689.html

オリンパス OM-D E-M1 ファームウェア Ver.2.0「デジタルシフト」レビュー

デジカメ WatchにOM-D E-M1 ファームウェア Ver.2.0「デジタルシフト」のレビューが掲載されています。


  • Ver.2.0で加わったデジタルシフト。
  • 限られた空間での室内撮影や、建物の外観撮影などで便利な機能。
  • また、あえて歪みを強調するような撮影方法を作風として取り入れるのも面白い。
  • ただし、本来のシフトレンズ(正確にはチルト機能を兼ね備えるティルトシフトレンズ)が得意とするピントが合う面の操作や、逆アオリによる前後ボケといった効果は生み出せない。
  • こういった特徴をきちんと理解して使用すれば、デジタルならではの手軽でクオリティの高い撮影に活かせる。
  • 他にもVer.2.0では、新しいアートフィルター「ヴィンテージ」や、E-M10に搭載されていた「ライブコンポジット」など、多くの新機能が搭載された。
  • Ver.1.0からの改善も施されている。
  • すでにE-M1を使用しているユーザーが、これらを追加料金なく使用できることは、とても歓迎できる点。

とのこと



OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1ボディ シルバー 防塵 防滴(ボディーキャップレンズBCL-1580付属) OM-D E-M1 BODY SLV



LightroomのUprightやPhotoshopの変形機能でできる事が、OM-D E-M1内で可能になるといった感じですね。個人的にはPCでのRAW現像派なので、あまり使う機会はなさそうかなあ。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラのベストセラー

「OLYMPUS」カテゴリの最新記事

OLYMPUS」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+