• 24時間ランキング
  • 1週間ランキング
  • 1ヶ月ランキング
  • 年間ランキング

「OLYMPUS OM-D E-M10」第2回――普段使いが似合うレンズとカメラ

http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1404/16/news046.html

E-M10

ITmediaデジカメプラスの「OLYMPUS OM-D E-M10」長期試用リポート第2回が掲載されています。
今回は単焦点の標準レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」にスポットをあてています。 以下は記事抜粋
・取り回しのよさとスムーズなAF駆動が魅力
・外装は樹脂素材。手にしたときに安っぽさを感じさせない
・フォーカスリングは適度なトルクがあり、MF操作はスムーズ
・AFは高速かつ静粛
・レンズの全長は42ミリで、重量は137グラム
・幅広い用途に活躍する「基本」のレンズ
・写りは、絞り開放値から十分な解像感があり、クセのない素直な表現
・フルサイズの標準レンズのような大きなボケは期待できないが近接撮影ではそれなりにボケる
・最短撮影距離は25cm、最大撮影倍率0.12倍(35ミリ換算0.24倍)と結構寄れる
・価格も手頃なので、単焦点入門用にも打って付け。

タイトルはE-M10となっていますが、完全にM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8のレビューですなあ(笑
標準ズーム14-42mm F3.5-5.6と併用する予定がほとんどこの25mm F1.8しか使っていなかったとのことですが、わかるなあ(笑 やっぱり単焦点ていいですよね。
しかし、E-M10は小さいし写りも良いし…、欲しいなあ…。
CAMEOTA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カメラ本の新刊(Amazon)

「OLYMPUS」カテゴリの最新記事

OLYMPUS」カテゴリの人気記事(Monthly)

カテゴリー内での前後ページ

サイト全体での前後ページ

TOPページ ABOUT TAG SITEMAP RSS Twitter Facebook Google+